2007年07月04日

薄闇での取引

男1:「今日は例のブツは持って来られてますか?」
男2:「今日は、ありますよ」
男1:「モノに間違いはないでしょうね?」
男2:「こだわりの一品です」

そういうと男はバッグからブツを取り出す。片方の男は品を確認すると満足そうに頷き、財布から紙幣を取り出して渡す。取引は人気のひいた夜遅くのビル内で行われた。空調の切れたビル内の澱んだ空気と薄暗い照明だけが、その一部始終を見守っていた。


album1.jpg


ハイ、というわけで、ついに手に入れたました。我が師匠である、大森ヒデノリ氏の待望のファースト・アルバム「白夜弦想」。何故に上記のような怪しいシチュエーションでの入手なのかって? いや別にレッスン時に師匠から購入しただけデスよ? 深読みのしすぎじゃないかな〜。 実はこのアルバム、発売は8/10なのだが、まぁそこは直弟子の特権ということで…。先日のライブでは先行発売をしていたのだが、ちょうど研究会とかぶっていたので行けなかったのである。そこで師匠にお願いして、直売りして頂いた次第。

ようやく入手したCDはなかなかお洒落なパッケージング。音楽的な内容はもちろん、カバーやライナーノーツまで、かなり拘って作られたそうだ。発売元は「SEVENTH HEAVEN」というインディーズ・レーベル。なんと師匠が立ち上げた会社である。う〜む、拘りというか何と言うか…徹底してて、グゥの声も出ませんな。

内容はスウェーディッシュ、つまりスウェーデンの伝統音楽である。ポルスカを中心に、ワルツやショティッシュなどが散りばめられ、師匠自身のオリジナル曲も3曲含まれている。楽器も実に多彩で、師匠はフィドルの他にもフィーデルと呼ばれる5弦のバイオリンの原型楽器も弾いているし、リュート、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ニッケルハルパなどという、ちょっと珍しい楽器の音も堪能できる。プレイヤーも一流どころが参加しているし、製作に一年をかけているだけあって、充実の内容だ。実は私もスウェーディッシュはほとんど知らないのだが、興味深い曲が何曲もある。特に12曲目は「聴けば必ずニッケルハルパが欲しくなる魔性の一曲」だ。うむむ…罪作りな曲をまた…。


敢えて言わせて頂こう。 漢なら黙って買っとけ! もちろん女性もね。決して師匠にお願いされているわけでも、脅されているわけでもない。ただ民族音楽好きなら必聴の一枚だ。


album2.jpg


ちなみにライナーノーツにサインを頂きました。 あぁ、俗物…。 もう歳かね。
posted by せばすちゃん at 23:01| Comment(13) | TrackBack(0) | CD/DVD/本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。