2007年12月10日

新橋のアレな夜

先日の予告通り、新橋の「ゆっくりセッション」に突撃する日がやって来た。いや、正確には学会に参加し、そのついでにセッションに参加するのだが、どうもこの辺りを恣意的か否かはよく判らないが、取り違えておられる方が非常に多いので、この際確認しておきたい。


ysc1.jpg

今回のゆっくりセッションは20時からの開始。横浜の学会会場から移動し、新橋のホテルにチェックイン。これから始まるであろう激闘に備え、しばし休憩をとってから、会場であるパブ・「Irish Times」へと向かう。時間ピッタリに突入したのだが、既に10人近くが参集している模様。うぉ…なんだか例によって、皆さん、殺る気満々である。

主催のKevinさん、お馴染みモハーさんをはじめ、凄まじい成長を遂げ、最近では「教授」の称号をほしいままにする「はる」さん、踊るイラストレーター・バウロン使いのオサムさん、渋い大人の魅力爆発のバンボンさんなど、さすがに参加3回目にもなると知った顔も増えている。うう…しかし、みんな凄腕ばっか…。

最初は食事を摂っていたせいもあり、ためらいがちだったセッションも、血中アルコール濃度が上昇するにつれ、徐々にヒートアップしていく。そして、続々と到着する増援部隊。


ysc2.jpg

気がつけば、立錐の余地もないほどの大盛況。狭いスペースに入りも入ったり、なんと16人。思わず、「ええい、貴様ら他にやること無いのか!?」と叫びたくなるほどの活気だ。 いいね、こういう雰囲気は大好きだ。この地にも、アレな方々は多数棲息されているようだ。音に聞こえる、超絶爆音フィドラー・熊五郎さんや、若手ドエリート(注:せば語で超エリートの意)・フィドラー・ken10さんも参上。噂どおりの腕前を披露され、セッションは加熱・加速していく。


ysc3.jpg

最初は何をやればいいのか判らなかったものの、はる教授が「この曲やりましょう」と提案してくださったり、何を弾いてもほぼ100%の確立で追従してくださる脅威の笛使い・yutaさんのサポートもあり、徐々に調子にのっていくせばすちゃん。今回はリズム隊もいるし、バンジョー・ブズーキ・ギターと伴奏楽器も充実しているので、実に楽しい。一部怪しい音を出してしまっても、あまり気にならない…かもしれない。 なに? それ以前に本当に怪音は一部なのかって? 黙れ。 それが仮に90%であったとしても、日本語的にはそれは一部で通るのだ、うん。 …多分。


ysc4.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもの。2時間30分のセッションは瞬く間に終了となった。もともとの実力に加え、最近の練習不足のため、演奏自体は散々な出来だったが、本当に楽しい時間を過ごすことが出来た。もちろん関西でいつもやっているメンバーも楽しいのだが、やはり「ゆっくりセッション」には、ここならではの色があり、個性がある。参加メンバーも非常に面白く、キャラが立った方が多くて、それは大いなる魅力だ。

参加の皆様、本当にありがとう&お疲れ様でした! 次回の襲撃の際にも、また一緒に遊んでいただければ幸いです。



                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・


…弾き足りない…。(ぼそっ) ぬおおおお、こんな楽しいメンツが揃ってて、たった2時間半のセッション…そんなの我慢できるかぁ!! それを我慢できるような私ではないし、それを我慢できるような人間になりたいとも思わない。(きっぱり) というわけで、恐る恐る、「え〜、二次会は…」と駄々をこねてみる。無理が通れば道理が引っ込むとはよく言ったもので、なんと7人もの方が賛同して下さり、23時を回っているのに、カラオケ店へとなだれ込む。


ysc7.jpg

メンツはKevinさん、モハーさん、はるさん、オサムさん、yutaさん、ken10さん、せばすちゃん。構成的にもギター・バウロン・笛・フィドルと好バランスだ。二次会はクローズな環境のせいか、いきなりのハッチャケ・モード全開。 まずはポルカ回しから始まったのだが、これがまた、どうにもこうにも止まらない。30分弾き続けても、まだ終わらない。異常なまでに沢山の曲を知っておられるyutaさんが、悪戯っこの瞳で次から次へと仕掛けてこられるのだ。「ポルカで負けるわけにはイカン!」と論拠の無い意地を張り、無謀にも真っ向勝負を挑むせばすちゃん。モハーさんの、「ポルカだけで終わる気か!?」という制止がなければ、もうちょっと続いていたことだろう。むぅ…恐るべし、yutaさん。ここに新たなる確執が生まれたことは、公然の秘密である。リストに一名様追加…と。


ようやくポルカが終わると、各々が弾きたい曲を曲出しして、それを弾いていくスタイルとなったが、それもまた一癖もふた癖もありまくり。例によってモハーさんがマニアックな選曲をするかと思えば、当たり前のように追従するken10さん、はるさん。kevinさんが歌モノを始めたかと思うと、いつの間にか「サリー・ガーデン」や「蛍の光」になっている、「歌が変わるシリーズ」。弾き終わってみれば、さらに1時間半が経過。いやもう、心の底から楽しませて頂きました。


ysc5.jpg

ちなみに、今回はゆっくりセッションの忘年会も兼ねているとのことで、持ち寄りによるプレゼント抽選会があったのだが、なんと一位を引き当ててしまった。賞品は驚きの3/4サイズのバイオリン! kevinさんが修復された戦前のSuzukiモノとのことだが、これが結構よく鳴るシロモノ。え〜、ホントにこんなの貰っちゃっていいのだろうか…。


参加の皆様、本当にお疲れ様&有難うございました! 終電ギリギリまで遊んで下さったアレな皆様、心から感謝です。また、主催のkevinさんには、こんな素敵なお土産まで頂いてしまい、本当に感謝の言葉まありません。有難うございました! 東京襲撃の機会は増えてきつつありますので、その際にはこれに懲りず、また遊んでいただければ幸いです。


posted by せばすちゃん at 00:21| Comment(39) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャラのたった貴族様

いくら新橋がツワモノ揃いといえども、貴官のキャラにはそう勝てるものではありませぬ。

仕事のついでかどうかは別としてお疲れ様でした。こんだけ遊んだら宿泊代も安いものだったでしょ^^;

因みに正確には持ち時間2時間半でございましたよ。yutaさんに挑むのは大変あるね。相当ひねくれたハズのネタも「あ、これいい曲ですよね」で大体さらっと応戦されてしまうある。唯一の弱点は・・・。ナイショあるな^^;

相変わらず弾いていない写真で登場する「も」でした。
Posted by も at 2007年12月10日 00:43
>モハーさん
お疲れ様でした!

ありゃ、そういや2時間半でしたね…修正しておきます^^;

まぁセッションということで、色々と反省すべき点はありますが、
本当に楽しませて頂きました^^ 充分元はとれましたよ〜。
全額じゃないけど、出張旅費出てますし(爆)

yutaさん、ほんと凄いですよね〜。でも瞳の輝きがアレ系でした(笑)
でも絶対に追従してくれる方がいるというのは、弾いていて
凄い安心感ありますよね♪

しかし、本当に楽しかったな〜。凄く楽しそうに弾く教授にも
改めて惚れ直してしまいました^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月10日 01:24
お邪魔します。

密かにブログ楽しく拝見しとりました。

新橋良いとこですよね。
参加して日も浅いんですけど、Kevinさんはじめ皆様温かく迎えてくださるもんで、
あの大盛況っぷりも納得です。

ポルカ回しというかありゃ関西vs新橋のポルカ戦でしたね。まさに迎撃っぽかったです。
次回はポルカ回しでオールできるように、ネタを仕込んでおきますんで。
Posted by Ken10 at 2007年12月10日 23:19
先日は、お疲れさまでした。
忘年会と冠しただけあって、楽しかったですね〜!

あっ、SUZUKIは、戦前ものじゃなくて
70年代です。弦は新品ですから、それだけでも価格的に1等賞でしたね。

2次会ポルカセットの銃身も焦げつくばかりの長時間連射に、撃墜されちゃった、打楽器系の方がいらっしゃったようですね(笑)、長時間やると手首が回らなくなってくるんですよね!!

また次の期会に遊びましょう!!
Posted by Kevin O'Hagi at 2007年12月10日 23:20
ken10さん、ここでははじめまして!

先日は本当に楽しかったです。有難うございました♪

モハーさんのブログをはじめ、konさんからも「ken10さんって方が
凄いよ」という事前情報がはいっていたので、お会いできて光栄でした^^

なんだか、ポルカ大魔王的な扱いですが、実はレパートリー的には
ジグの方が多かったりします。次はジグもたっぷりやりましょうね♪

次回の対戦を楽しみにしております^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月11日 00:06
>kevinさん
先日は本当にお疲れ様&有難うございました!
次の日は仕事だったのにお付き合い頂き、申し訳なく思うものの、
目茶目茶楽しかったので、ただひたすらに感謝です^^ 
次回は強壮薬を仕込んでいきますね(爆)

いやしかし、ゆっくりセッションも大きく成長を遂げられましたね〜。
本当にKevinさんのお人柄も大きく影響しているんだと思います。
やっぱり魅力ある人の下には、魅力的な人間が集まるのかと♪

また上京の際には遊んでくださいませ^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月11日 00:13
わぁ、たのしそう♪
って、さすが顧問さま。リベンジ?果たされたのですね。
みごとなアレっぷりデス。

>凄く楽しそうに弾く教授にも
>改めて惚れ直してしまいました^^
きっ、きになる〜。

どうしても他の弦までおさえちゃいます。。。
ぎご〜
Posted by Yoshi at 2007年12月12日 00:42
>Yoshiさん
楽しかったですよ〜♪ まぁ、あちらへ行っても一番下っ端なのは
変わらないので、リベンジにはなってませんけどね^^;

はる教授は腕前もさることながら、凄く楽しそうに弾かれる
ので、こちらもノリノリになっちゃうんですよね〜。やっぱり
楽しそうに弾くってのも大事なファクターですね♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月12日 11:39
ブログ、いつも楽しく拝見させていただいてます〜。
先日の新橋はお会いできて嬉しかったです。(2度目でしたね)
次の機会はJig魔王の側面をお目にかかれるのを楽しみにしております。

Posted by yuta at 2007年12月12日 16:54
こんばんは、yutaさん! 先日はお世話になりました♪

何を弾いてもあわせてくださるyutaさんのおかげで、
好き放題弾かせて頂きました^^ 次はもっとマイナー
なのも仕入れていきます(爆)

次はジグ大会ですかね〜♪ あれだけ伴奏楽器があれば、
ジグもド派手で楽しそうですね(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年12月13日 00:18
せばす様

 どうも熊五郎です。
 遅くなりましたが、先週の土曜日は
 お疲れ様でした。
 Fiddleも弾かせて頂いて。上品なすばらしい
 音でした。
 あの後2次会行ったんだ、すげ。
 私は新橋に行く前に横浜元町でライブやって
 武蔵小杉のパブで弾いて来た後で、流石に
 疲れて帰りました。

 私もアイリッシュをはじめて3年半ほどで、
 要は初心者ですわ。これからもひたすら練習
 となります。
 これからもどうぞよろしくです。
 アコハモの北野さんにもよろしくお伝え下さい。
Posted by 山崎 熊五郎 at 2007年12月13日 01:07
>熊五郎さん
その節は有難うございました! 噂に名高い熊五郎さんのフィドルを
拝聴できて耳福でした♪

あはは、当日は連荘だったんですね(笑) 次回はたっぷり可愛がって
やってくださいませ^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月13日 07:38
コメント、遅くなりました。笑

せばさん、先日はありがとうございました。
久しぶりにご一緒できて、本当に楽しかったです。
ポルカでさえついていけなかったのに、ジグが本命だったとは!
えーい。もっと練習して次回に臨みます!!
また是非是非遊んでください★
(私もせばさんみたくリズムとりながら弾けるように頑張りますー。)
Posted by はる at 2007年12月13日 23:25
はるさん、先日は有難うございました^^

なんだか世間的にはポルカ大好きっこのように言われてて、実際その
通りなんですが、実はジグが一番レパートリーが多く、レッスンでも
ほとんどの時間をジグに費やしております♪ でもジグってちょっと
気を抜くと、すぐに雑でヘボヘボの演奏になっちゃうんですよね〜。
まぁこれはジグに限らず、私の演奏全域に渡ってそうですが(笑)

はるさんの体ごと弾いているような演奏は、楽しげでとても素敵でしたよ♪
やっぱりしかめっ面で弾くよりも、その方がいいですよね^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月14日 09:52
☆はじめまして〜♪
ここ何日かかけて前のブログを読み抜けました 新しいブログの名前はフィドル迷走地図ではなくバイオリン迷走地図なのでしょうか? つまらない質問…申し訳ありません。
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月17日 08:59
はじめまして、まいけるじぇぇむすさん!
前ブログを読みぬけて頂いたんですね、有難うございます^^

私自身はフィドラーであると認識していますが、楽器としてみた場合、
私の場合はバイオリンという呼称に統一しているんですよ。なので、
「何か楽器を弾かれますか?」と聞かれた場合は「バイオリン」と
答えています。でも中身はれっきとしたフィドラー(笑) ちょっとした
拘りみたいなもんですね♪ ですので、自然タイトルは「バイオリン迷走地図」
としました。

…まぁ名称に関わらず迷走しまくるので、どっちにしてもあまり関係
ないですけどね(爆)

メッセージ有難うございました! 今後ともよろしくお願いいたします^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月17日 22:07
★お返事ありがとうございます ☆そうですか拘りなんですか!d(^-^o)
★ちなみに我がバイオリンはちょこちょこいじくってるうちにバイオリンの規格からは…外れてしまいました(^血^*)!♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月18日 07:39
まいけるじぇぇむすさん、おはようございます♪

規格から外れたバイオリン!? …実に興味深い(笑)
詳細希望デス♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月18日 07:48
規格→バイオリンの各部サイズは細かく規定されていますょネッ わたくしのバイオリンゎナットとブリッジの弦がとおる溝の位置を変えて{邪道か…}しまっただけの事です(^-^;);;;バイオリンなのにバイオリン用ミュートが使えません〜♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月18日 20:31
>まいけるじぇぇむすさん
なるほど、弦間を広げて弾きやすくしたということですね。ある程度
の調整はすると聞きますが、ミュートが使えない位というのは相当
ですね(笑) しかし、その男前でアメリカンな考え方には大いに
賛同いたします(爆)

与えられたモノで、自分の技量を上げることによって結果を出して
いくのが日本的な考えなら、与えられたモノが使いにくければ、より
使いやすいものを作り出してしまうのがアメリカ的発想かと思いますが、
そういう発想も大事だと思うんですよね。ちなみに私の本職の現場では、
日本人は技術ではズバ抜けていますが、日本発の技術は非常に乏しく
世界のトップを獲ることなど夢のまた夢ですーー;

それにしても、今までにも何回か書いていると思いますが、出現から
300年以上経っているのにほとんど変化がないバイオリンというのは、
ある意味異常だと思うんですよね^^; よく言えば伝統ですが、
向上を目指さなかったのかという疑問も個人的には持っていたりもします(笑)

お互い、古い慣習に必要以上に縛られず、楽しんでいけたらいいですね^^
Posted by せばすちゃん at 2007年12月19日 01:08
日本人の発想…→頭はいいのに創造力が貧困…あぁ悲しいのぉぉぉ〜〜〜日本人の能力ではアメリカはおろかロシアにも中国にもヨーロッパにも〜ある面徹底的に負けていますねェ 毎日のニュゥスでも周辺国のみならず遥遠くの国にもコテンパンにやられて…さらにそれにも気がつかない〜あぁ情けない…日本よッ{近接信管}の教訓にまなべよ… ☆彡失礼ッ話が大幅にずれていましたσ(^◇^;)昨日はたしかレッスンの日でしたょネッ♪♪♪ 今日の晩ゎ→わたくしがレッスンをうけにいく日です〜でゎまたッ(*^^)ノ~♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月19日 13:54
>まいけるじぇぇむすさん
VT信管…そっち方面の脱線なら大歓迎ですよ(爆) ちなみに私はどうも
冬になると工作がしたくなる性質らしく、今年は25年ぶりくらいのプラモ
作りにハマっております(笑) もっとも大戦機じゃなく、ジェット戦闘機
ばっかですけどね。う〜む、しかし最近のタミヤのは凄いですねぇ…
鬼のような精度デス。

ああっ、さらなる大脱線(爆)
Posted by せばすちゃん at 2007年12月20日 00:56
☆せばすちゃんさん おはようございます 近接信管の高射砲弾…日本は艦隊上空の防衛は戦闘機に任せちゃえッ→と対空砲火の開発はあきらめたのにたいしてアメリカ人は徹底的に取り組んで作ってしまった!! いざというときの実行力と頭の柔軟性の違いはすごいッ(^-^;)
★プラモ…最近作ってなぃです(汗) 買って来てまだ作ってなぃのが五箱に 作りかけで何年も中断しているのが一個…他にもいくつか?あるかぁ〜…(・_・;)~~ ★☆タミヤのブツ…→最近?↑精度アップ↑しているんですかぁ!!?(^-^=)♪
★バイオリンの改革→ある音響物理学者のチームが研究試作した アルマ(Alma)などは御存じでしょうかァ〜?音は良いが他ゎ…?だそうなぁ〜
★それからペリグリーナと名付けられた異形のビオラ♪などゎ面白そうですネッ!?♪
★ちなみに我がバイオリンにはビオラ用のミュート(ゴム製)がなんとか使えまぁす♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月20日 10:06
>まいけるじぇぇむすさん
そうそう、日本人なら修行や努力、根性で克服しようとするところを
メリケンは「だったら誰でも使えるようなシステムを作ったらぁ!」
という発想なんですよね〜。私はある意味それは正しいアプローチだと
思っています(笑)

アルマは調べられませんでしたが、ペリグリーナは凄いですね! 凄い
というか変態…(笑)

タミヤの1/48・F-16CJを組んでるんですが、昔のプラモしか作ったこと
がない私には衝撃的でした。恐ろしい精度でほとんどパテ要らず。
ゲートもなるべく目立たない位置に設計されてますし、バリも皆無です。
左右を間違えないようなキッカキや、かっちり位置決めが可能になって
いるパーツ設計。ガンプラみたいに親切です。でもモールドとかは鬼
みたいに凄いです。これは現在塗装にはいってまして、現在はハセガワ
の20年近く前の金型と思われるF-14Aを組んでいるんですが、タミヤの新型
を組んだ後では、超絶・糞キットに感じられます(笑)

心の底からタミヤさんが1/48でF-14を出してくれることを期待しています♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月20日 11:06
☆彡変態→フィンガーフォー!{違うッ!!} ★ペリグリーナは初めて見た時PC画像上で歪ましてるのかと思いました!!♪ よく見りゃなんだこれはッッッ!!!
←…Σ(@_@;)
とびっくりでした〜
☆★タミヤゎやっぱり違いますょネェ〜我家の作りかけのマスタングVがタミヤです(汗)
F-16のプラモといえば→30年から昔に 妹が父に手伝ってもらいながら作ってましたァ(^pq^*)
F-16と-14〜陸海制覇作戦進行中ですネッ♪♪♪
ニュウス速報ッ→ヤマハがベーゼルドルファーを買収!
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月20日 20:33
ネコなのでF14は私も好きです〜。(笑)
ネコではないけどミグ25も。
真空管が使われていたのはEMPの影響を受けにくいから、
と噂されてましたが実際どうだったんでしょう?

私も昔はプラモにはまっていたことがあって
ウェザリングとかもしてました。
(さすがにジオラマまでは作りませんでしたが。)
私の影響で弟もプラモが好きになりガンプラにはまって
ジオラマまで...。
(私は個人的には指揮官用ザク、もしくはスコープドッグ
(番組違う...)が好きです。)
Posted by neco at 2007年12月21日 00:05
>まいけるじぇぇむすさん
そうそう、ベーゼン買収の件はちょっと前に聞きました。まったく
音色の違うピアノが同じヤマハからの発売になるんですね〜。たぶん
ブランド名は残すんでしょうが。

タミヤはAFVと大戦機ってイメージが強いので、もっとジェットにも
力を入れて欲しいデス。ちなみに来春にはハセガワから1/48スケール
で、なんとドラケンが発売! めちゃめちゃ楽しみにしております♪

>necoさん
なんとnecoさん、こんな話題にも追従されますか…(笑) 
しかもMig-25とは…それどころか、スコープドッグ!?(爆)

ちなみに私はMigなら21と23が好きですね〜。特にMig-21のやられ
キャラっぷりは最高です(笑) 以下、爆笑参考文献。
http://www.masdf.com/crm/crmmig21.html

真空管装備は単純に当時のソ連の技術レベルなんじゃないでしょうか?
それでなくても戦闘機のアビオニクスは10〜20年遅れですしね〜。
最新のMig-29でさえ、フライ・バイ・ワイヤさえ導入されてませんし^^;

私が最近プラモにハマったキッカケは「プラモ作ろう」というプロの
製作過程を放送してる番組を見たからなんですが、そりゃもう吃驚でした。
子供の頃はただ単に組み立てて、ロクに塗装もせずに遊んでたんですが、
これをみて「プラモってこういうモノだったのか…」と感動した次第デス。
You tubeなどに色々落ちていますので、興味があれば覗いて見て下さい♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月21日 09:03
★ベトナムでは〜レシプロプロペラ機(スカイレーダー)に撃墜されたソビエト製ジェット戦闘機がありましたょネェ〜♪
猫が好きでネコさんですか!→ならば ワイルド猫・ヘル猫・ベア猫・タイガー猫…思いついたのはこれだけぇ…(^^;);;他にもあったかなァ???
★ちなみにU大戦の{ジークのり}のエースパイロットの岩本徹は酒が入ると大変な事になる人だったそうで{虎徹(トラテツ)}ともよばれていたそぅなぁ〜〜んっ!→ジークに虎徹ッ!!!なんだこの組み合わせゎッ♪♪♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月21日 14:07
Agネコと言うのもいるそうな。
ちなみにグラマン、は「鋼の錬金術師」に出てくる中将の名前です。
メイチャンが飼っているシャオメイは熊猫(パンダ)です。
マスタングは大佐です。
(どんどんフィドルの話から遠ざかっているような気が。(爆))
Posted by neco at 2007年12月21日 23:35
★中将に大佐にパンダ〜………… ん〜っ!!?(^^;);; なかなか難しいですネェ〜〜〜
★ドラケンってカナ〜ド翼の方だっけ? あの国の軍用機はユニークだネェ♪

★今日は仕事中→♪魔窟♪の前の道をとおる予定です♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月22日 05:44
>まいけるじぇぇむすさん
ドラケンはダブルデルタですね〜。カナードはビゲンかな♪
私はスウェーデンの飛行機は大好きです。独自の設計思想を
貫いていますよね〜^^

むう…ジークと虎徹のそんな関係は知りませんでしたが、
なんという偶然(笑)

>necoさん
残念…「鋼の錬金術師」は見たことがないのです。

大戦中は敵機の代名詞だったグラマンも、今はノースロップと
合併しちゃいましたね〜…って大脱線もいいとこですナ(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年12月22日 07:43
★スゥエーデン空軍は独創的→ところでそのスゥエーデンの隣りノルウェーのハルダンゲル地方の民俗楽器→ハーディングフェーレ(ハルダンゲルフィドル)って御存じですか?♪ ^^
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月23日 20:54
>まいけるじぇぇむすさん
もちろん知ってますよ〜。複弦の粋なアイツですね♪
いっかい実物を弾いて見たいんですけどね〜。流石に
なかなかそんな機会はないでしょうね^^;
Posted by せばすちゃん at 2007年12月23日 23:01
★流石ァ〜(^^*)ノ゙♪
★ハーディングフェーレ→どんな音がするんでしょうネェ♪ 共鳴弦付きのフィドルってェ ★国際楽器には似たような物が置いてありましたが 弦の数がもっと多かったです〜
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月24日 05:39
>まいけるじぇぇむすさん
なぬ、国際楽器に似たような楽器!? しかもハルゲンダルより
弦の数が多いということは、ヴィオラ・ダモーレでしょうか!?

一度攻めに逝かねばならんようですね(笑) そろそろ
虎徹の健康診断もして貰いたいですしね♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月24日 06:39
>まいけるじぇぇむすさん、
日本でただ一人ハルダンゲル奏者の
山瀬理桜さんのサイトで流れてますよ。
(hをつけてください)
ttp://www.rioyamase.com/index.html
Posted by neco at 2007年12月24日 12:25
★ネコさんどうもありがとうございます♪〜→ところがですッ!! わたくしPCは持っておりませぬゥ 残念ながら携帯電話機ではアクセス出来ませんでした…申し訳ありません
m(__)m

★国際楽器のブツ→どうやらビオラ・ダ・モーレのような気がします?〜せばすちゃんさんが虎徹チャンを買った時ゎ無かったのかナァ〜??? わたくしが最後に見たのは→今年のG月かH月だったかなァ〜???
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月24日 15:17
>まいけるじぇぇむすさん
私が虎徹を購入した際には無かったですね〜。もしあれば、
私とモハー氏が見逃すはずもなく…(笑)

近いうちに冷やかしツアーを立案してみます♪
Posted by せばすちゃん at 2007年12月24日 20:37
★あれっ!? 書込みしたはず…のつもりが…ほかのとこにかきこんだか〜書込み失敗したかなァ(^^;)~

★国際(ヒヤカシ)ツア―いいですネェ〜♪ ミナミいいですネェ〜♪ 魔窟ツア―もあるんですネェ〜♪
Posted by まいけるじぇぇむす at 2007年12月27日 02:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。