2007年11月10日

スウェーディッシュで逝く

frifot.jpg

本日は、とあるコンサートを見に行ってきた。「Frifot」(読みはフリーフォートね)というスウェーデンのグループだ。師匠のアルバムやライブ放送を見てから、自分の中でスウェーディッシュに対する関心が高まってきているし、そして何より、このグループにはアレ・メッレルという人物がいるのである。実は以前に音源をアップした(参照)こともある名曲「Sommarvals(夏のワルツ)」は、この人物による作曲なのだ。最初に聴いたときはトラッドだと思っていたのだが、実は現代作品なのである。この名曲を書いた人物のオリジナル演奏が生で聴ける! しかも自宅すぐ傍の会場で!! このチャンスを逃すことは出来まい…漢として!


いざ会場入りしてみると、まぁいるわいるわ…知った顔がたくさん。セッションや練習会で見かける顔に、大森門下の兄弟弟子の方も来られている。まぁそりゃ、スウェーデンの伝統音楽なんてマイナーなジャンルだからなぁ…予想して然るべきと言えばそうなのだが、ちょっと吃驚。以前にセッションでお会いしたものの、長らく会っていなかった方ともお話できて、望外の喜びである。

そして、いよいよ演奏が始まる。 …イイ!! 正直、スウェーディッシュというのは今までアイリッシュ程には興味をそそられなかった。アイリッシュが単純で明るく楽しい音楽なのに対し、ちょっと暗く、いくぶん屈折した音楽という印象があったのだが、今日の演奏を聴くとその印象は間違いかと思わされる。ちょっとノリの難しい曲や、1/4音階が出てくるなど、あまり馴染みのない部分もあるが、実にカッコいい。やっぱり音楽ってのは、生で聴かないと判りにくいものなのかもしれない。

そして第一部のラストにお待ちかねの「Sommarvals」が演奏される。ふふふ、見せてもらおうか…本家の力と言うものをな! と大上段な態度で構えていたのだが、演奏が始まると2秒で態度が改まる。茫然自失という言葉に服を着せたモノ…それがその時の私であった。 す、すんげええええええええ!!! これはもう言葉に出来ない、圧倒的なまでに素晴らしい演奏。今回はなんと日本語訳された歌入りでやってくれたのだが、もう最初っから鳥肌が立ちっぱなしだ。本当の本気で感動した。そして、それは私だけではないようで、隣席の某女史は涙ぐんでおられた。すげえ…本当にエアで泣かすことが出来るとは…恐るべし、フリーフォート。

メンバー全員がマルチ・プレイヤーで歌も歌うし、またそのレベルがかなり高い。中でもアレ・メッレルの多彩さ、エンターテイナーぶりは素晴らしい。柳笛という指穴が無くブレスだけで音程をコントロールする楽器で自在な演奏を繰り広げるかと思えば、ハーモニカ2本を吹きながら、マンドーラも同時演奏してみたり。MCも面白いし、サイコーだ。あっという間にコンサートは終了。素晴らしい時間というものは、本当にあっという間に過ぎ去ってしまうね。


frifot2.jpg

興奮冷めやらぬままホールを出ると、メンバーがサイン会の用意をしている。おおお、ここはひとつミーハー根性を出して、サインを貰っておくか! てなワケで貰っちゃいました。いやまぁね、やっぱり偉大なる音楽家と生でお会いできたんだから、その記念ってことで…ね、あはは。…あ〜まったく、いつからこんなにミーハーになっちゃったんだか…。え〜い、こうなったら「毒を食らわば皿まで」だ!(違) アレ・メッレル様に会話を挑むという暴挙に出る、せばすちゃん。


せば腐:演奏素晴らしかったです!
アレ様:有難う!
せば腐:実は「Sommarvals」大好きで、私もちょくちょく弾かせて貰ってるんです。
アレ様:お、君は何か楽器をやるのかい?
せば腐:フィドルを少々、塩も少々…ごにょごにょ。
アレ様:おい、ペール! 彼はSommarvalsを弾くらしいぞ! (注:Frifotのフィドラーね)
ペール:おお、そいつぁ素晴らしい!
せば様:いや〜、ほんのちょびっとだけデス…あはは。
ともよ:彼と一緒に写真撮らせてもらっていいですか?


ちょ…ちょっと待てえええ!!! なんだ、最後の一文は!? ともよさん、横から何を無茶なお願いしてくれちゃってんですか!? ちなみに、ともよさんはオキャ会の常連さんで、カメラを向けると逃げるし、控えめな方なのであまり表に出てこないが、相当の実力者だ。おまけに素晴らしいキャラで、私は密かにファンだったりするお方である。会場でバッタリお会いして、サイン会の列に並びながら今日の興奮を語り合っていたのである。 …が、相手はあのアレ様ですよ!? サイン会もまだ人が並んでるし、そんなお願い…


アレ様:もちろん、オッケーさ!


…そんな簡単には…ともよさん、グッジョブ!! 写真を撮るために、わざわざ脱いでいたジャケットをいそいそと着なおすアレ・メッレル。いい人だ…。本当に凄い人って、いい人が多いような気がするなぁ。しかし、あれだけマルチに楽器が弾けて、歌えて、いい曲書けて、面白くて、おまけにいい人とは…ほとんど反則だよな〜。


ale.jpg

というわけで、記念すべきアレ・メッレル氏との一枚。こんな日に限ってデジカメを持っていなかったので、携帯での一枚。そのうえ光量不足なのでちょっとピンボケだが、仕方あるまい。ともよさん、有難うございました!!


このコンサートは本当に大当たりだった。ライブ後のエピソードも面白いが、なによりも音楽そのものが刺激的だった。今でも興奮は冷めず、サイレンサーをつけて激弾きしている。おそらく明日も続くだろう。まだフリーフォートの生音に接していない方…責任が私が取る、機会があったら黙って逝っとけ!
posted by せばすちゃん at 21:04| Comment(13) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ!写真撮ってる〜〜〜!(笑)

私、みなさんが列つくって並んでるのに、
その外れでアレ様とワイワイ話していましたよ。(^。^;;

いや〜!同じく興奮冷めやらず、
帰宅して弓の持ち方研究1時間しました!(爆)

早くこんな風に人の魂をブチ抜く演奏をしたいものですね!(~o~)/
Posted by RIN☆ at 2007年11月10日 22:53
>RIN☆さん
いや〜、素晴らしかったですね! 本家・夏のワルツには度肝抜かれました(笑)
ホント今まで自分が弾いていたのはいったい何だったのかと…^^;

フィドラーのペールさんも上手かったですね〜。あの手首の動き! デッカイのに
繊細な音! 実にカッコよかったです。

あ〜、ほんと上手くなりたいと思いましたね(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年11月11日 02:01
アレは素晴らしい。
でも俺のアイドルは せばすちゃん だけ。
前サイトに出会っていなかったら、
フィドルに興味を持つことはなかったかもしれないから...
Posted by Kafka in the Asylum at 2007年11月12日 11:17
>Kafka in the Asylumさん
あ、アイドル…!? こんなムサいアイドルもなかろうかと思いますが…(笑)
しかし、有難うございます♪

いつの日か、フィドルの腕前で人から憧れられるよう頑張ります!
Posted by せばすちゃん at 2007年11月12日 12:19
せばさん、もう、逝ってしまわれたのですね。
やっぱり、美女と…(ぼそっと)

>フィドルを少々、塩も少々…ごにょごにょ
【塩!?】
Posted by Yoshi at 2007年11月13日 22:34
>Yoshiさん
ええ、美女と^^

塩はすべての調味の基本です♪
Posted by せばすちゃん at 2007年11月13日 22:49
うらやましいかぎりです。もうちょっと近くで演ってくれれば...(T_T) (福岡です)

くやしいので「Sommarvals」練習してみますね。
Posted by ko-ya at 2007年11月17日 01:20
>ko-yaさん、横レス失礼いたします。
私もうらやましいです。田舎なので有名どころは
めったに来ません。(T_T)

ちなみに大森師匠のSommarvals携帯の着メロです。
Posted by neco at 2007年11月17日 09:48
ko-yaさん、はじめまして!

福岡ですか! 我が永遠の憧れ・padawanさんの活躍する地ですね^^
是非、アイリッシュ・パブ「the Celts」も覗いてみて下さいね♪
http://fiddlersebastian.seesaa.net/article/48084838.html

Sommarvalsは大好きな曲で、最近ではフィドルを触ると必ず弾いて
いますが、ホンモノを聴いて愕然としました。私が今まで弾いて
いたのは一体なんだったのかと…^^; あれ位とまでは言わなくても
もうちょっと弾けるようになりたいです。

コメント有難うございました!
今後とも宜しくお願いいたします^^
Posted by せばすちゃん at 2007年11月19日 20:02
>necoさん
ぬお、そんな着メロあるんですか!?
DoCoMo用のもあるかなぁ…あるようなら
サイトを教えて頂きたく…^^;

ふふふ…解決法は簡単です。necoさんが
有名になって、凱旋ライブをすればよい
のです♪ その際には前座の前座のその
また前座くらいで呼んでください(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年11月19日 20:06
挨拶が前後しましたが、はじめまして!せばさん
奮戦記から楽しく読ませて頂いてます。
私もせばさんと同じくレイトスターターです。きれいなおねーさんにひかれてヤマハに入会した口ですが...。
今はすばらしい師匠に出会えてフィドル歴4ヶ月ほどです。
その師匠とは何を隠そうpadawanさんです。月1回ですがthe Celtsで練習会をやってもらってます。

また福岡に来くることがあればセッション致しましょう!がんばって曲増やしときますので(曲覚える以前の問題もありますが..)

ちなみに、私も着メロはSommarvalsです。
Posted by ko-ya at 2007年11月19日 23:25
>ko-yaさん
おおおお、なんとジェダイマスター様のお弟子さんでしたか!
それは失礼をぶっこきました…切り捨てないで下さい(笑)

福岡は食べ物も美味しいし、学生時代にちょくちょく遊びに
行ったので、愛着のある街です。是非また行きたいですね♪

その際には協力してマスターに挑みましょう^^
Posted by せばすちゃん at 2007年11月20日 11:51
初めまして!
アレが2011年2月に来日します。
今回はFrifotではなく、アレ・メッレル・バンドを率いてやってきます。
関西は大阪のフェニックスホールが公演会場で、しばらく前にチケットの発売はスタートしたそうです。

では、コンサートで!

Posted by やまだま at 2010年10月06日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65737864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。