2007年10月07日

秋の青空の下で

mukoren1.jpg


どこまでも澄み渡った見事な青空。その高さが秋を感じさせる。冬へとむけて日々パワーを減じつつある柔らかい日差しだが、当直明け睡眠3時間の目には充分に刺激的だ。そんな秋の空気を吸い込みながら、ふと思った。そうだ、こんな日はあそこへ行こう。


全てが始まった、あの場所へ
あの川の畔へと





mukoren2.jpg

そしてその日の午後、某川の畔でワルツをかき鳴らすがいた。彼は愁いを含んだ面持ちで、川面を這う秋の風にひとつずつ音符を載せていく。夏の終わりを憂うように、最近の課題曲「Sommarvals(夏のワルツ)」を。

そんな漢に急接近する高速機動物体があった。その物体はズッシャアアアアッ!とジョジョも吃驚の効果音を立てながら2輪ドリフトへと移行し、最後に軽くブレーキ音を軋ませて男の座るベンチの傍に反転静止する。そして彼女は自転車より降りつつ、爽やかに挨拶をかわす。 「お待たせしました」

mukoren3.jpg

彼女の名前はhiroさん。ご近所に住むフィドル仲間であり、「オキャロランを弾く会」・会長で、「せば組」・特別講師である。



ことの次第はこういうことである。以前にも書いたが(参照)、憚りながら私の名前を冠した「せば組」なる練習会が結成され、いよいよ来週開催の運びとなっている。恐れ多くも、私は「名誉会長」、hiroさんは「特別講師」なる肩書きを頂いている。練習会に参加する方はアイリッシュには馴染みがなくても、全員がクラシックをやっている方なので、技術的に私達より上の方もおられるだろう。そんな環境では僭越極まりない肩書きなのだが、少なくともアイリッシュに関しては先達である。あまりみっともない演奏も出来ないだろうということで、急遽「指導者講習会」を開催することとなったのである。

要するに、どうやって最初にガツンと一発喰らわせてメンバーを萎縮させ、誰がボスかということを体で解らせる…もとい! 如何に楽しく効率的に、アイリッシュのエッセンスを伝えられるかということを、検討しようという趣旨である。

あまりに天気も良かったので、練習場所はお互いの自宅のすぐ傍の川原。そう、思い起こせばちょうど2年前。我々がweb上で知り合い、奇しくもすぐ近くに住んでいることを知り、それこそ練習会に参加するための素人練習会を立ち上げた場所なのである。(参照) そんな我々と同じような軌跡を辿ろうとしている人達がいるというのは、とても感慨深いものだ。全力をもって迎撃…もとい! サポートせねば!!


さて講習会であるが、練習会ではいちおう課題曲が10曲選定されている。我々がそれを弾けなくては話にならないので、それらを一通りチェック。実は私は課題曲の「Ballydesmond Polka」は苦手なので、この際みっちりと練習しておく。この曲は16分音符の速いパッセージもあるし、結構難しいと思うのだが…私は曲選考には関わっていないのだが、組長のやる気が垣間見える。まぁ私の苦手も練習会で改善できるなら、万々歳というものだ。あとはネタ仕込みを少々と、練習中の曲の情報交換などを行う。hiroさんに新しくポルカを数曲教えて頂き、レパートリーに追加。こちらからはスコティッシュのネタを提供。

終わってみれば、またも4時間半が経過。素晴らしい天気に恵まれ、少々マニアックな会話も楽しみながら、あっという間に過ぎ去っていく時間。来週の練習会までには、もうちょっとグレード・アップしておきたいものだ。



hiroさん、お疲れ様でした! 例によって突然のお誘いにも関わらずお付き合い頂き、有難うございました。来週は頑張りましょう!


posted by せばすちゃん at 22:11| Comment(27) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわっ!声かけてくださったら、いったのに〜〜〜!(笑)
今日は1日家でゴロゴロしてましたぞな。。。

私の希望を指導者お二人に申し上げますと、
あの例のDVDのホーンパイプ〜ポルカのメドレーをやってみたいです。
最後の1回でいいですから。。。

ほんで、「夏のワルツ」の楽譜をお持ちなら、
コピーがいただきたいです〜〜〜☆
今日、これもさらおうかな?と、思いましたが、
楽譜があるなら、それに越したことは。。。(えへへ〜)

最初にガツンか。。。
楽しみ、楽しみ。。。ヽ(|||≧▽≦|||)/

Posted by RIN☆ at 2007年10月07日 23:14
おや、組長さんのところに迎撃、もといサポートのことを
お知らせに行っていたらすでに。(爆)

今日は家族がみんな家にいたので、怪音炸裂!という
わけにはいきませんでした。
(旦那も宿直明けでげっそりしてたので金属のミュート
をつけてても2階が気になりました。)←おい、なら練習するな!(爆)
Posted by neco at 2007年10月07日 23:29
むむむ、なんとかせねば、やっ、殺られる…。
Posted by Yoshi at 2007年10月07日 23:41
秋の青空の下、撃墜される、メッサのような気分(笑)
 まだ全然音になりません・・・来週はマッタリと基本練習かなぁ・・・(T-T)
Posted by すとらど at 2007年10月08日 01:09
>RIN☆さん
あ、ゴロゴロされてましたか。それじゃ声かければ良かったかな?
でも練習場所は近所の方じゃないと難しいんですよね。車は露駐しか
ないし、駅からはかなり遠いですし^^;

ホーンパイプ〜ポルカ・メドレー了解! 一曲知らないポルカがあった
んですが、今日練習しましたから♪

>necoさん
あはは、ご主人が安眠できるような演奏を心がけてあげて
下さいませ。もしくは眠気が吹っ飛ぶようなアツイのを(笑)

>Yoshiさん
ふふふ…殺っちゃいますよ♪

>すとらどさん
お〜、メッサってメッサーシュミットですか? 航空機関係に関しては
私けっこうオタクですよ♪ 対戦実績はありませんが、こちらはやはり
零戦の切れ味で勝負したいところですね! 左捻りこみ〜♪

本番はマッタリいきましょう^^
時々ちょっぴり加速するかもしれませんが(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 04:48
スピットファイヤではなく零戦なんですね。
小回りのきく俊敏な動き・・・ですか。

私はこれから赤トンボです。
Posted by f at 2007年10月08日 07:22
>fさん
あ、赤とんぼ…九三式中間練習機ですよね? 
fさんもかなりのマニアと見ました(笑)

スピットファイアは何故か私の魂の琴線に触れることがなかったですね。
私は基本的には日本機が好きです。一番好きなのは実は「震電」です。
外国機ならF4UかFw190Dですかね♪

うぉ、気がつけば恐ろしく脱線…(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 07:37
コルセアは左の舵がどうの、って言うのでしたっけ?
(感動のアンビリーバボーに出てた、硫黄島で撃墜された
パイロットが乗っていたもの)
私はスピリット・オブ・セントルイス号が好きでした。
「零式」戦闘機も。
日本機、と言えばファーストの某キャラのもとになった
紫電改とかもありますね。
震電は知りませんでしたが、後輪が大きくて、一見
ガウォークみたい!
あ、ますます脱線…(爆)
Posted by neco at 2007年10月08日 08:03
>necoさん
むむ、こちらにも詳しい方が…(笑)

左の舵がどうのというのは、大出力・大径プロペラによる
トルク効果に起因する、左右の旋回性の違いのことでしょうか? 
この特性のせいでF4Uは垂直尾翼が傾けて取り付けられています。
単発の大出力レシプロ機はトルク効果は避けられないので、機敏さを
謳われた零戦も右旋回は苦手だったようです。坂井三郎氏が得意とした
「捻りこみ」も必ず左方向へロールからの半失速反転だったそうです。


震電は開発だけで実戦配備はされていませんので、知らない人も
多いでしょうね。でも古今東西を問わず、個人的には1・2位を争う
デザインだと思います♪


…てか、いよいよ何のスレだか判らなくなってきましたね(爆)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 09:22
>何のスレだか
追い討ちを…

なんかそういう飛行機が、
母校(まいな〜学校 奈○高専)においてあったような。
野ざらしで…
Posted by Yoshi at 2007年10月08日 10:19
>Yoshiさん
気になったので調べてみました。

おお! 「T-バード」ことノース・アメリカン社T-6「テキサン」ですね!
自衛隊の訓練機の払い下げですか〜。

いい仕事してますね…奈○高専(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 10:35
>T-6・テキサン
ちなみにコイツの原型初飛行は1937年と第二次大戦より前です。

飛行機好きの聖典「AREA88」にて、一話だけコイツが活躍する話が
ありましたね♪

…もう引っ張るなって?(爆)


p.s. hiroさんへ
そういや「AREA88」の風間真って…ごにょごにょ(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 10:42
>ホーンパイプ〜ポルカのメドレー
って、

Rights of man(hornpipe2)
Tralee Gaol
DennisMurphy(polka4)

かな。Rights of manは撃沈デス。
音符が多い〜。譜面が黒い〜。
Posted by Yoshi at 2007年10月08日 11:18
>Yoshiさん
まさにそれデス。

Rights of Manは難しいですね。
私も苦手です^^;
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 11:53
せばすちゃんさん、昨日はお疲れ様でした(^^)
毎度ながらよく弾きましたね〜♪

>>Rights of manは撃沈デス。

私はどちらかといえばDennisMurphyが苦手かな?
hornpipeはどの曲も好きですねー♪

>>風間真って…

ええ、ええ、違うマニアの琴線に触れましたわ(笑)

Posted by hiro at 2007年10月08日 13:17
>hiroさん
お疲れ様でした! 昨日は久しぶりに、ちょっと筋肉にきました(笑)

Dennis Murphy'sも難しいですよね。ポルカの中でもノリにくい
曲じゃないかと思います。AパートとBパートでビート感が全然
変わっちゃったりしますね^^;


…やはり、風間真…触れてしまいましたか(爆)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 13:35
>ホーンパイプ〜ポルカのメドレー

Rights of man(hornpipe2)
Tralee Gaol
DennisMurphy(polka4)

なんでみなさん、タイトルがわかるんですかのぉ?(^。^;;
私は聴いて練習してましたぞな。。。
@とBは楽譜あるじゃ〜ないですか。。。(-"-;)
(Aもあるんですか?)

その他の話はまったくわかりませんでした〜。(笑)


Posted by RIN☆ at 2007年10月08日 14:12
あるです。
以前に、アイリッシュ練習会@フィドル倶楽部でしました。
…そのときは、だるまさんやったけど。

ATralee Gaol
http://www.geocities.jp/takaoka4410/Tralee_Gaol.pdf
Posted by Yoshi at 2007年10月08日 14:44
>Yoshiさん

いつもすみません。。。
今、Yoshiさんのとこにあるかも!と見にいって、
見つけました〜☆の書き込みしようと思ってました。(^。^;;

3曲とも楽譜あったんや。。。
ってか、「夏のワルツ」も。。。(笑)

すごいですね?
この前の練習会の曲を覚えてらしてピックアップされたのですか?
いずれにしても、大変助かります。m(__)m

Posted by RIN☆ at 2007年10月08日 14:49
>RIN☆さん
1と3はレッスンでやりましたしね〜。
3は結婚式でも弾いたし^^;

2は耳コピしました♪ 昨日、hiroさんに
楽譜もらって再チェックもしましたしね!

>Yoshiさん
師匠最近は横着して、フィドル倶楽部では楽譜配るのに、HPには
アップしてくれないんですよね〜^^; 昨日もhiroさんが見知らぬ
楽譜を山ほど持っておられたので吃驚しましたよ(笑) 

私もフィドル倶楽部行くようにしよっかな〜。


Posted by せばすちゃん at 2007年10月08日 14:52
あら、メッサからエスカレートしてますね(^^;;
 メッサvsゼロならやっぱりゼロでしょう(笑) 小学生の頃に坂井三郎さんの本を読んで、ゼロ戦好きになり、戦争って無駄って思ったかな。
 AREA88 全巻所有していたけど何時の間にか、破棄されました・・・ ドラケン カッコ良いです。
Posted by すとらど at 2007年10月08日 23:36
>すとらどさん
いつの間にやら、こんなことに…(笑)

坂井さんは本当に「サムライ」って感じがしていいですよね〜。
ご冥福をお祈りいたします。

AREA88は全巻所有しております…ファントム無頼も(笑)
ドラケンは本当にカッコイイですね! スウェーデンの機体はコンセプト
が明確で好きです。最近のアメリカ機は死ぬほどマルチ・ロールで
死ぬほど高い。ステルス性重視でデザインもモヒトツ…。あまり
魂に響かなくなっちゃいました。

ATF選定では個人的にはYF-23に買ってもらいたかったデス(笑)
Posted by せばすちゃん at 2007年10月09日 06:45
またまた、うらやましいことやっておりますね〜。

先日やっと初めてカラオケ屋で練習してみたばかりです。

青空の下で弾ける日なんて来るのかなぁ、私には(笑)
Posted by すばる at 2007年10月09日 23:10
>すばるさん、
横レス失礼いたします。
よそ様のブログでこんなこと書いていいのか、東京
にお住まいのkeiさんと言う方が、新しい楽器を購入
したため、以前大切にしてらしたバイオリンを手放す
ことを決心なさったようです。
大事になさって手渡しできる方をお捜しのようです。
もし、興味がおありでしたら、song to fly keiで検索してください。
>せばすちゃんさま、勝手に広告みたいなことを
してすみません。すばるさんがなんらかのレスをなさったら
消してください。
Posted by neco at 2007年10月09日 23:38
>ATF選定では個人的にはYF-23に買ってもらいたかったデス(笑)
そこんとこ激しく同意!
 思わず、YF-23を特集した航空ファン購入しましたよ。
Posted by すとらど at 2007年10月10日 02:11
>すばるさん
思い切って外で弾いてみたら、そこから出会いがあったりするかも
しれませんよ♪ 私もヘタクソだけど思い切っちゃってますし(笑)

上手くなるのを待ってたら、一生外に出れないかもと思ったので…(爆)

>necoさん
広告塔、全然オッケーです。ここを皆さんの交流の場にしてもらえたら
本望というものです^^ 

>すとらどさん
流石! よく解っていらっしゃる!(爆)

YF-17が選考に敗れてもF-18として復活したように、復活を期待していたん
ですけどね…残念です。
Posted by せばすちゃん at 2007年10月10日 07:28
>necoさん

ブログ拝見しました。
まあ、東京は近いといえば近いので・・・。
ちょっと考えてみます。
Posted by すばる at 2007年10月10日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。