2009年01月18日

正しくボウを鷲掴め!!

いよいよ今年度のレッスンが始まった。本当は先週がレッスン初めだったのだが、仕事の都合でいきなり参加できず。 うむ、今年も順調な蹴躓き具合だ。 もちろん、あまり練習も出来ていないので、おっかなびっくり教室の門を潜る。今年も相変わらず師匠は爽やかだ。もっとも、DEATHメガネっぷりも今年も変わらないんだろうがな。 今年のレッスンも気の抜けない過酷なものになるんだろうなぁ…ふう。



さて、年が明けても最初の曲は「Down by the Sally Gardens」から。気がつけばアイリッシュ・フィドルを習い始めて足掛け5年目に突入してしまったのだが、未だにこの曲は毎回弾いている。その割にはなかなか上手く弾けない曲の代表格だけどね。そこからジグ〜ホーンパイプ〜リールと課題曲を弾いていく。う〜ん、なんだかこうイマイチ、パッとしない。一通り弾いてみたところで師匠が言い放つ。


師匠:弓をちょっと寝かせすぎですね。
せば:!!


bangle.jpg


いや、実は指摘されるまでもなく自覚はあったのである。リールでテンポが速くなってきた時に音にノイズが混じりやすいのも、そのせいではないかと。 要するに弦の張りに対して直角に弓を当てるのが基本形なのだが、私の場合はこの弓と弦の角度がつきすぎているのである。達人になれば、この角度を変えることで毛の接触面積を変化させて音色をコントロールしたりするのだが、私の場合は意図してやっているわけではない。いや、実は本当は最初は意図的にやっていたのだ。安定しない高音域の音色を、こうすることでちょっと誤魔化すことができることに気づいた私は、いつしか極端に弓を傾ける悪癖をも獲得していまっていたのである。

気づいてはいたものの、一度ついた癖を修正するのは難しい。プロの野球選手だって自分のフォームを修正することは非常に困難なことなのだ。理屈では解っていても、そう簡単には正しいフォームは手に入れられない。しかし、世の中には簡単に不可能を可能にしてしまう漢もいるのである。 しかも、とっても身近に。



せば:ですよね〜。気づいてはいたんですが、なかなか修正できなくて…。
師匠:それじゃ右手の中指をもうちょっと深くしてみて下さい。
せば:ほえ?
師匠:そして楽器を構える角度をもうちょっと、こう…。
せば:ふむふむ?
師匠:それじゃ、これでもう一度弾いてみましょうか♪
せば:(たったそれだけ!? んな簡単に修正できたら誰も苦労…)

               (試奏中)

せば:!!
師匠:…いきなり音が良くなりましたね。


ジーザス!! 弾いてる自分がまずビックリ。 師匠も自分で指導しておきながら、一瞬息を飲むほど良い音が飛び出す。しかも、音もデカイ。こ、これが失われし虎徹の本来の力なのか!! 練習不足は勿論だが、いつのまにか変な癖がついてしまい、本来の虎徹の音色を発揮できなくなってしまっていたようである。おまけに苦労していたリールのクロス・ボゥイングなんかもやりやすくなっている。そうか…またもやフォームの崩れから調子を崩していたのか。

しかし特筆すべきは師匠のコーチング能力である。スポーツの世界でも「ここをこうした方がいい」という評価は出来ても、「どうすればそう出来るのか」を伝えることは非常に難しい。そこがコーチやトレーナーの能力となるのだが、師匠はその能力にも長けているようだ。たった二つの点を意識させるだけで、ここまで劇的に改善するとは…う〜む、5年経っても一向に倒せる気がせん。 (まだ倒す気だったんかい)



ともあれ、今年度初のレッスンにてフォーム修正を果たした、せばすちゃん。今年も突っ走りマス!!
posted by せばすちゃん at 23:31| Comment(15) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Sir!

では、新年会の一発芸はばっちりですね♪
わくわく、わくわく♪

>DEATHメガネ
…。
Posted by Yoshi at 2009年01月19日 23:07
>Yoshiさん
い、一発芸なんて聞いてませんでげすよ!
私は芸達者じゃないので、いきなり言われ
てもね〜^^; 最近はシンセ弾いてる時
間の方が長いというウワサですし(笑)

Yoshiさんも今年は「目指せ! DEATHメガネ!」
ですね♪
Posted by せばすちゃん at 2009年01月19日 23:47
わたしもよく、やっちゃうんですよねー。
弓の寝かしすぎ。
少し内向きにすると綺麗な音が出しやすい、、、って思い込んじゃってる部分もあるんですが、とーぜん度を越せば・・・(涙)

判ってても、直せないときってあるんで
定期的に師匠に直してもらうことが多いです(T-T)
Posted by SAMI at 2009年01月21日 13:08
>SAMIさん
そうそう、とりあえずヒドイ音は収まりやすいんですよね、
弓を傾けると^^; ホントに人間は易きに流れやすいイキモノ
ですよね〜(笑)

しかし、なんとか自分でもセルフ・チェック出来る方法を考案
せにゃなりませんね〜^^;
Posted by せばすちゃん at 2009年01月21日 21:24
「弓寝かせすぎ」ってしょっちゅう 注意されてました・・・
 夜チマチマ弾いてるからなんですが・・・
 
Posted by すとらど at 2009年01月22日 00:35
>すとらどさん
やっぱりバイオリンは全開で弾ける環境がないと、なかなか
上手くならない気がしますね。防音室が欲しいな〜(笑)

Posted by せばすちゃん at 2009年01月22日 07:17
 シンセの前に・・・防音室¥^^
  pc買いましたキーボード初体験・・・
  難しいなァ
Posted by まいけるじぇぇむす at 2009年01月22日 12:36
>まいけるじぇぇむすさん
お久しぶりです♪ おお、ついにPC買われましたか(笑)

防音室も欲しいんですが、気がつけば長門に鳥海に赤城と
何故だか1/350のオモチャが増えてるので、スペース的に
厳しいかも(爆)
Posted by せばすちゃん at 2009年01月22日 12:49
セバさん、明けましておめでとうございます(遅っ!!)
ご無沙汰しております。

お師匠さん、素晴らしいお方ですね。
是非一度、演奏を聴いてみたいものだと思っておりましたところ、HPを見たら2/6表参道で演奏されるとのこと!!
すぐに電話してチケット・ゲットしました♪
楽しみで〜す。

私はバヨを始めてもうすぐ3年になります。
いつかセバさんを倒せるように頑張りますです。
Posted by nori at 2009年01月23日 23:43
>noriさん
おお、お久しぶりです!
遅ればせながら、あけおめです^^

おお、師匠の表参道のライブ行かれるんですね! ニッケルハルパと共演
なので、私も是非聴いてみたいんですけどね〜。

あはは、私を倒すのなんてスグ実現出来ちゃうと思いますよ(笑) 
…おバカ写真コンテストならまだまだ負けませんが(爆)
Posted by せばすちゃん at 2009年01月24日 00:58
・・・実は表参道でのワークショップに参加予定であります。仕事のスケジュール上、本当に行けるか微妙になってきましたが。

>DEATHメガネ

某熱心な女性フィドラーが(ほぼ)おそろいのメガネをお持ちなので、口が滑ると後が怖いと思いますよ〜(笑)
Posted by cead at 2009年01月24日 01:11
>ceadさん
ぶは、ceadさんも逝くんですか!? …流石すぎる(笑)

某熱心な女性フィドラー…なるほど、あのお方ですね。某ことっぷさん?(笑)
まぁ、あの方も既に師匠に殺られちゃってるクチですから、きっとご納得
頂けるかと思いマス。しかしお揃いのメガネなんか持ってたのか…(笑)
Posted by せばすちゃん at 2009年01月24日 01:29
せっかくたまたま仕事の都合で東京にいるわけですし、チャンスは有効活用しないと。

>某ことっぷさん?(笑)

ああ、紛らわしい人がいましたね(笑)
外れです。毎度はるばる奈良から遠征してる人ですよ。
ワークショップに付けてくる勇気はないと言っていましたが、なんとかそそのかせないものかと・・・。
Posted by cead at 2009年01月24日 23:08
>ceadさん
毎度はるばる奈良から遠征されてるちょっとアレな女性フィドラー
…って二人いるような…(笑)
Posted by せばすちゃん at 2009年01月26日 01:35
>…って二人いるような…(笑)

はい。個人を特定するとまずいかな、と思いまして。・・・ほぼ特定してますけどね(笑)
Posted by cead at 2009年01月26日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112820622
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。