2008年11月24日

眠らない者達の音楽夜会

ais1.jpg

半年前、私の何気ない一言からうっかり実現してしまったトンデモ企画に、ヒトとしての常識を超越した人数が集まってしまい驚天動地の事態となってしまったオールナイト・アイリッシュ・セッション。(参照)  あれから半年、今度はその第二弾が開催されるというので、是非にと参加させて頂くことにした。今回は宣伝告知はしたものの、私が言いだしっぺというわけではないので、幾分気が楽である。なんだか至る所で「首謀者」とか「黒幕」とか悪そうなイメージが定着しつつあるような気がするが、本来、私はキャラ的には企画側よりも参加者側の方がいいんだよね。まぁ、「面白いことが無けりゃ、自分で作ればいい」というアメリカ的というか、SOS団的発想が魂の根底に流れているのは否定しないがね。



ais2.jpg

今回は、初心者練習会「せば組」も並行開催ということで、セッションに先立って同会場で練習。常連メンバーに加え、今回はお初にお目にかかる方が2名参加! 「たかよ」さんと「jun」さんで、なんと「jun」さんは富山から遠路はるばる参加である。 最近どうなってるのだ、富山…。 アクティビティが高いにも程がある。 富山ブラックの食べ過ぎで、高血圧性脳症でも発症していないかと心配するくらいのデカルチャっぷりである。いや、本当に遠路はるばる、お疲れ様&有難うございます。

今回の練習曲は「Danny Boy」「John Ryan's Polka」「Over the Moor to Maggie」の3曲。3曲目は初心者練習会には難しい選曲だと思うが、某参加者(これまた遥々、奈良からの参加…)のたっての希望でトライしてみることに。他の2曲が有名曲で弾きなれている方も多かったため、3曲目に時間を割くことが出来た。最終的には、皆それなりに弾けるようになってしまったところが恐ろしい。やっぱり熱意ってものは凄いね。世の中には才能というものは歴然として存在するが、時としてそれを凌駕することがあるのは間違いないと思う。





ais3.jpg

練習会も終わりを迎える頃になると、徐々にセッション参加者が増えてくる。今回は流石に前回のようにアホみたいな大人数というわけではなかったが、それでも約20人が参加。いやまぁ、モノ好きって意外と多いよね、ホント。連休くらいどっか遊びに行かなきゃイカンよ、まったく。え、貴様はどうなんだって? ふん、どうせオイラには連休なんてないのさ…しくしく。



ais4.jpg

今回のセッションでは、色々と実験的要素も試してみたのだが、そのひとつがコレ。「Computer Assisted Score Projection System」、略称「C.A.S.P. System」だ。 いやまぁ、PDF化した楽譜をPCからプロジェクターで投射してるだけなんだが、せば工房産のシステムとしては、今までで一番システム然としているだろう。 「せば工房のシステムはどれも名前ばっかり大袈裟」とかいう口さがない連中め、思い知れ

初心者がセッションや練習会に行った際に、「曲名がわからない」「わかっても楽譜を探しているうちに曲が終わってしまう」というのがセッション参加への弊害のひとつになるのだが、それをちょっとでも改善できないかと試験的に導入してみた。また、せっかくのセッションなのに、他のプレイヤーと顔を合わせて演奏することなく、楽譜を見るために下を向きっぱなしという事態も軽減できないかと常々考えていたのだ。曲が始まるとPDF化された楽譜をスタッフが検索し、スクリーンに投影するという段取りだ。

まぁ、正直にいうと効果のほどは微妙だ。プレイヤーが楽譜を探す手間は省けるが、運用上の様々な問題もある。だがしかし、虚仮脅しハッタリ効果は抜群である。 なんせ、会場へ入ったら真正面のスクリーンに楽譜が投影されているのだ。無駄に近未来的なイメージ大である。システムの写真を撮っていかれる方も多かったので、ツカミとしては上々かな? 休憩中にはDVD鑑賞なども出来るし、オープンマイク・セッションではスクリーン・セイバーを利用してビジュアル・エフェクトも可能。使い方次第では面白いかもネ。




ais5.jpg

今回は「ひたすら弾き倒す」というよりは、和気藹々と楽しむパーティー・ライクな雰囲気。スタッフ・tomatoさんの手料理を堪能しつつ大森師匠のライブDVDを鑑賞したり、持ち込まれる珍しい楽器で遊んだり、アルコール片手に語らったり。こういうのも、いいよね。


ais6.jpg

今回も富山から2名がお越しくださった。前回の遠征で散々っぱらお世話になりたおしたZEN氏と、富山のパブで一緒に遊んでくださったjun氏のお二人だ。富山の女神こと「いっつぁん」さんは今回来られなかったが、富山アイリッシュ勢の勢いには目を見張るものがある。本当に御苦労さま&有難うございます。




ais7.jpg

今回は色々な楽器が持ち込まれたことも、大いにセッションを盛り上げた。フィドルはもちろん、ピアノ、ギター、フルート、ティン・ホイッスル、アコーディオン、コンサーティーナ、バンジョー、チェロ。この辺までは常識の範囲内だと思うが、アイリッシュを徹夜でやろうなんて連中に常識など通用しない。 上図は某氏が持ち込んだエレクトリック・バイオリンである。ただのEVであれば驚かないが、ギター用のマルチ・エフェクターにブチ込んである上に、ワウ・ペダルまで装備したブッ飛び仕様である。かなりエキセントリックでワケワカメな音も出るが、コーラスやリバーブを深めにかけた音色でオキャロランなどを弾くと、かなり気持ち良かったりする。


ais9.jpg

そして、ZEN氏お得意のカザフスタンの2弦楽器「ドンブラー」。見事な腕前で主旋律から伴奏まで弾き倒される。なかでも様々なアクションを織り交ぜながら弾く「曲弾き」は大人気! 私も富山で初めて見せて頂いた時は度肝を抜かれたが、今回も参加者の心を鷲掴みにしていた。そりゃぁとにかく、カッコイイもの。ちなみに、なんとかフィドルに応用しようとするおバカも多数発生したことは、言を待たない。


ais10.jpg

こちらはバカでかいビオラに見えなくもないが、実は1/8サイズのチェロ。誰だ、こんなの持ち込んだのはっ…実に面白い。 あ、ここ福山風ね。異議はもちろん却下だ。ちなみに、写真ではフィドル風に構えているが、この構えをとるとエンドピンが頸動脈にジャスト・ミートする。 非常に危険なので、よい子は絶対にまねをしてはいけません。 (経験者談)





ais11.jpg

そして今回のセッションで新規導入された試みのひとつが、オープン・マイク・セッションのコーナー。今回は人数がそう多くなかったので、ほぼ全員にステージに上がって頂き、曲を披露して頂くことになった。果敢にもソロで挑むブレイブ・ハートもいれば…


ais12.jpg

ais13.jpg

即興で数人のグループを形成して挑む方も。打ち合わせなどナシのぶっつけ本番なのだが、いい味出してるグループもあって面白い。これはフィドル倶楽部さんからの提案で、一部がオープン・マイク・セッションになったのだが、程よい緊張感も味わえてなかなかユニーク企画だと思う。私もソロで挑戦したのだが、演奏の出来はともかく、最近は教室の運営方針もあって発表会に出る機会もないので、新鮮なドキドキ感が味わえた。やっぱり、人生におけるドキドキ感て大事よね。





ais14.jpg

そして午前5:40。うっすらと白み始めた空とともに第二回・オールナイト・アイリッシュ・セッションは終幕を迎えた。今回は前回の時のような大人数でこそないものの、そのぶん実験的な試みも出来て、なかなか面白いイベントだったと思う。セッションや練習会は長ければいいというものではないが、こういう「オールナイトで皆と遊ぶ」という若気の至りっぽいおバカさが、楽しさを増していることは間違いないと思う。ちょっとしたドキドキも体験できたしね。


参加の皆様、本当にお疲れ様でした! こんなおバカな企画を格安で提供して下さるだけでなく、自身で参加までされてしまうフィドル倶楽部のオーナー、管理人、およびスタッフの方々には感謝の言葉もありません。せば組・組長代理であり、PDF楽譜制作者であるYoshiさんには大変お世話になりました。そして、こんな阿呆な目的のために、文句の一つも言わず、高額な機材を無償貸与して下さった兵庫○○○○のY先生、有難うございました。 また、皆様とおバカな企画で盛り上がれる日を楽しみにしております!
posted by せばすちゃん at 19:30| Comment(34) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、ただ事では済まない、オールナイトセッションですね。

次の機会には是非とも(^-^)/
Posted by すとらど at 2008年11月24日 20:04
>すとらどさん
今回は残念でした><;

まぁ、モノ好きばっかり集めてるワケですから、そりゃタダでは
済まないですよね〜(笑)

次の機会があれば、是非また参加して下さいね♪

Posted by せばすちゃん at 2008年11月24日 20:19
せばさん>
お疲れ様でした。そしてお世話になりました。
ドンブラは正直持って行くかどうか迷ったのですが、大人気だったので持ち込んでよかったです。
しゃれた表彰状も頂き、恐縮です。
副賞のDVDを再生して驚愕しました。お宝にします。
Posted by ZEN at 2008年11月24日 20:40
>ZENさん
遠路はるばる本当にお疲れ様でした!

私が富山で受けた歓待に比べれば粗末なもてなしで申し訳ないです^^;

ドンブラは大人気でしたね〜。当分の間、みな曲弾き頑張ると思いますよ(爆)

あのDVD凄いでしょ! 私も宝物にしてます^^
Posted by せばすちゃん at 2008年11月24日 21:21
しかし、本当にアレな方多いですね。
よいこの私にはとてもそんな体力ありません。
(2時が限度)


>ふん、どうせオイラには連休なんてないのさ…しくしく。

はい、旦那も今日は宿直です。先週の土曜日も。
そのおかげ(おい)で爆音で練習できました。(鬼)

↑エレクトリックバイオリンってもしかしてSV150ですか?
今とても気になってる楽器なんですが。

Posted by neco at 2008年11月24日 21:43
>necoさん
はい〜、私も仕事場で記事アップしてますから〜(爆)
今日は輪番日なので、ちょっと大変デス^^;

ある参加者の方がお持ちになられたSV-200ですね。
SV-120よりはずっといい音してます。Zeke君がちょっと
物足りなく感じちゃいますねぇ…^^;

SV-150のことは、オールナイトで初めて聞きました。
一度弾いてみたいですね♪
Posted by せばすちゃん at 2008年11月24日 22:06
参加者の皆さん、特にいろいろと盛り上げる工夫をしてくれたせばさん、お疲れさまでした。

眠気がピークになった時間帯が一番演奏の調子が良くて、メンタル面の弱さがいかに足を引っ張っているかを痛感。楽しかっただけでなく、大変勉強になりました。
スタッフの皆さんが懲りてなければ、またやりたいですね。

せばさん秘蔵のむふふなDVD・・・気になる〜。
ぜひ今度私にも見せて下さい。

SV-150、さっそく某楽器店で触ってきましたよ。
・SV-200より軽量で、取り回しが楽
・内蔵のアンプ・ユニットに簡易的なエフェクター機能がついていて、付属のリモコンで操作できる
・SDカードに曲データを入力して、カラオケをバックに演奏できる
というかなり面白い仕様でした。せばさん向け仕様?(笑)
音はさすがにSV-200の方がいいようです。
Posted by cead at 2008年11月24日 22:38
>ceadさん
いえいえ、ceadさんの相変わらずのブレイブ・ハートっぷりと安定した
綺麗な音は私にとって羨望の的でしたよ♪ 3人組の「睡蓮」もビックリ
の出来でしたね。あれは表彰状モノの演奏だったんですが、グループでの
表彰は想定外してなかったので枚数が…(笑) 次にお会いする時に
でもお渡ししましょうかね^^

うお、SV-150すでにチェック済みでしたか! 流石すぎる…(笑)
私もHPでチェックしましたが、音的にはSV-120とあまり変わらないみたいですね。
カラオケや、エフェクトに関しては、私にはシンセ・システムがあるので不要ですが、
軽いのがポイント高いですね。

あ、秘密のDVDは奈良のアレですよん♪ 
Posted by せばすちゃん at 2008年11月24日 23:55
お疲れさまでした〜。
ほんの一瞬でしたが、久しぶりに
せばさん&みなさんにお会いできて楽しかったです♪

あ、わたしからのラブレター見つけることできました?(笑)

今回は気力・体力ともについていけませんでしたが、
いつか、ぜひアレを持って参上できるようがんばります☆
Posted by HIROKO at 2008年11月25日 18:05
★あっ!半年振りだったんですねッ(*^^) →アレな皆様なら 毎月のように(徹夜演奏会)開かれていても 不思議でゎないょぅな勢いのょぅなぁそのょぅなぁ…………
★また機会があれば 御一緒させて下さぃ(^^*)ノ~♪
Posted by まいけるじぇ〜むす at 2008年11月25日 18:22
写真だけでも堪能させてもらいました〜♪
楽しそうですね・・・私、今まででオールナイトって独身最後に記念にした1回だけでして・・・
せば組、次回参加できるのを楽しみにまっています!
Posted by take at 2008年11月25日 22:18
う〜ん、ひけない。
しょぼ〜ん。

こうなったら、曲弾きの練習をっ!
目線はこっちかな。あっちかな。
Posted by Yoshi at 2008年11月26日 01:09
>HIROKOさん
ラブレター確認いたしました。大変失礼をばいたしました><;

本当にお久しぶりでご尊顔を拝することが出来て嬉しかったです♪
次はぜひ楽器持ってきて下さいね^^

>まいけるじぇぇ〜むすさん
おお、なんだかお久しぶりですね♪ 遊びに来て下さればよかったのに^^

まぁ、オールナイトはお祭りですからね。そんなしょっちゅうやらなくても
いいんじゃないかと個人的には思いますけどね〜。だんだん、オッサン化
してきて、体力も落ち気味ですし(笑)

p.s. …赤城…逝っちゃいました…(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年11月26日 12:06
>takeさん
オールナイト人生で一回だけですか!? 流石、お姫様なtakeさんですね〜♪

私はなんだか「夜遊び」って言葉が好きなんですよね(笑)
学生時代に友達の家に転がり込んで、一晩中馬鹿なことやってたのは
楽しかったなぁ。…書いてて、そこからちっとも進歩していない
気がしてきました…^^;

次のせば組で、また一緒遊びましょう^^

>Yoshiさん
お疲れ様でした! Yoshiさんの楽譜を勝手に使用させて頂きました。
すいません&有難うございました!

なんとかあの曲弾きはフィドルにも応用したいですよね〜。
せば組の一環として、「曲弾き研究会」でもやりますか(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年11月26日 12:15
>Yoshiさん、せばさん
ほうほう、曲弾きをやりたいとな!
カザフより派手なキルギスの曲弾きを参考になさいな。
http://jp.youtube.com/watch?v=XJ-fDQjfmiI
http://jp.youtube.com/watch?v=rr3WxJVUXbU
http://jp.youtube.com/watch?v=aDU81G7xnlI
コンビによる究極のやつはこれ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1fBWsV9DZ6I
Posted by ZEN at 2008年11月27日 11:51
>ZENさん
な、なんでぃすかコレは…。

こんなの見ると、なんだかバイオリンが非常に自由度の低い楽器
に思えてしまいますね^^;

研究しよ(笑)
Posted by せばすちゃん at 2008年11月28日 01:27
某氏、です

SV-200とエフェクトセットに加え、1/8チェロも僕が持ち込んだブツでした〜
で、本人はほとんど触らずにギターやバンジョーばかり弾いていた、というチキンぶり(苦笑)

Posted by まるさん at 2008年11月28日 12:04
遅くなりましたが、セッションではお世話になりました&お疲れ様でした。

近視かつトリ目の自分には、明るくでっかく投影される楽譜はかなりありがたかったです。
が、検索している間せばさん何も弾けないやん……と、見ているうちに気づいてしまいました。
PDFを開いてページを繰るのに時間かかってたっぽいので、PDFに目次ページつけてアンカー設定すれば高速化できるかも。今度やってみます。

SV200で遊ばせていただいたのも楽しかったです。
エフェクター買っちゃおうかなあ〜。
Posted by ゆうま at 2008年11月28日 20:54
>まるさん
先日はお疲れ様でした! いや〜、お陰さまで楽しかったデス♪ 

「SV-200にウズウズしちゃじゃないですかコノヤロウ」感もたっぷり
味わわせて頂きました(爆)

次は是非、ガリガリとSVも弾いちゃって下さいね^^


>ゆうまさん
お疲れ様でした!

おお、流石「せば組」の誇るSE軍団♪ 実はYoshiさんにも
検索表示システムを組んで欲しいな〜とかメールしようかと
思ってたんですよね(笑) 

プロジェクタでどうこうとは別に、私は楽譜は電子化したいなとか
思ってまして…ゆうまさんはじめSE軍団で使いやすいシステムなんか
作ってくれたりしたら嬉しいな〜とか無理無体を言ってみたり(爆)

えっ、エフェクター持ってなかったんですかぁ〜?(挑発)
ウチはアンプ・シムとかまでブチ込んでたりしますよ〜♪(さらに挑発)
PCソフトですが業務用クラスのマルチ・エフェクタ通してますし^^(とどめ)

ゆうまさんも是非っ(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年11月28日 22:29
>検索システム

簡易なものなら、Google DesktopとかMacのSpotlightを使えばぱっと作れますよ。楽譜を曲別にばらして、検索用のタグ情報を仕込むだけでOKです。

システムチックにするならDBに曲名等の属性情報とPDFのバイナリデータを放り込んで、WEBのフロント・エンドで検索・表示、ぐらいの仕掛けにしとけばかなりお手軽に作れそうですね。

・・・複数の曲を選択して、順序を指定してポチッとやったらセットの楽譜を出力できるとか、いろいろいらんことをしたくなってきますな(笑)
ABCデータもDBに登録しておいて、abcm2psとかのコマンドライン・ツールをバックエンドに仕込めばこれも簡単かも。

実は楽譜データがたいがいな量になってきたので個人用にそういう仕組みを作ろうかと思ってたんです。まとまった時間がとれるときにちょっとやってみます。
私が作るとUNIX用になるんで、Windows用はYoshiさん、ゆうまさんにおまかせで♪
Posted by cead at 2008年11月29日 01:05
・・・ついつい手組みする前提で考えちゃいましたが、Movable TypeやWordpressといったCMSを使えば画面のレイアウトを作るだけですむ話ですね(^_^;
それならOSも意識しませんし、必要ならWEBで公開できますし。
Posted by cead at 2008年11月29日 01:19
>ceadさん
そうそう、実はそういう色々な脳内仕様書は既に出来てるんですよ(笑)

アプリケーションとして作成したいんですが、私はVBをちょびっとイジった
ことくらいしかないので、どうしようかなと思ってたんですよね。フリーの
画像用データベースソフトとかを使えないかとか色々調べてたんですが、
やはりピッタリあうものは無いんですよね^^;

この際、どなたかお暇な時にでも作ってくれませんか…ねぇ? 
SE軍団の皆さま(笑)
 
仕様書ならいつでも送ります(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年11月29日 07:38
1/8チェロのばよ弾きですか!(゜∇゜)
ぜひともやってみたいですo(^-^)o

最近はまったく楽器に触れられずストレスのたまる毎日です(;_;)
Posted by なっとー at 2008年12月05日 17:53
>なっとーさん
超絶遅レスで本当にスイマセン><

超多忙 + 体調不良にてくたばっておりました…。私もなんとオールナイト以降、
一度たりともフィドルを弾けていません><;

なっとーさんは私の脳内で勝手に参加メンバーにいれていたので、とっても
残念でした。捨てられた子犬のような気分でした(笑)


しかし、なっとーさんも忙しいのですね…。なっとうーさんと遊ぶ秘密プランを
勝手に脳内構築してたんですけどね〜。お互いもうちょい暇が出来たらまた
遊んで下さいね♪
Posted by せばすちゃん at 2008年12月11日 11:58
引っ越しされてのは知りませんで失礼。さすがのセッションは圧巻。一度見学したいですね。
Posted by okusan at 2008年12月15日 10:07
>okusan
新ブログへようこそ♪

前ブログは古い記事から頭に来る形式だったので、引っ越し通知も
解りづらかったかもしれませんね^^;

okusanの活動拠点は東京ですか? 関西だといつでもお誘い出来る
んですが…。ま、東京も学会などで上京のたびに何かしら現地のプ
レイヤーの方々と遊んで貰ってるんですけどね。実は今週末も…(爆)

タイミングがあえば、是非いちど一緒に遊んでみたいですね^^

Posted by せばすちゃん at 2008年12月15日 13:16
秘密プランとは気になりますね!
是非ともご一緒したいですぞ。
Posted by なっとー at 2008年12月15日 23:49
>なっとーさん
ふっふっふ…まだ企画どころか妄想段階なんですけどね。
音楽的にも懐が深そうななっとーさんと是非一緒に新しい
試みなんかをしてみたいな〜とか勝手に思っております♪

フィドルを駆使したちょっと面白い音楽が出来ないかと模索
してるんです^^ でも私では技術的に前途超多難なので、
フィドルはなっとーさんにお任せしちゃって、私はシンセ
弾いちゃおうかな〜とか…(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年12月16日 13:41
貴兄のおおせのごとく、あの特殊ニスを使用。結果オーライ!なかなかよくのびますし、やっと楽器らしくなって、また楽器制作しちゃいそうだし、貴企画とかフィドルにも参加したし。実は私もフィドルに挑戦しようとおもっていた矢先なんです。
Posted by okusan at 2008年12月18日 21:21
>okusan
そうそう、あのニスはよく伸びますよね♪ 
私も着色用に別のニスを混ぜて塗りました。

是非是非、フィドルにも挑戦して下さいませ^^

私もアイリッシュ以外の民俗音楽や、オリジナルのフィドル系
音楽にも挑戦していきたいと思ってますので、また情報を
発信していきたいと思います^^

…たぶんまたクソの役にも立たない情報だと思いますが(爆)
Posted by せばすちゃん at 2008年12月18日 21:41
>フィドルを駆使したちょっと面白い音楽
なんでしょう。。気になります♪
楽譜がなくても出来るものかな〜

最近なぜか脳内BGMにせばJigが流れます(笑)
案外覚えているものですね♪
というわけでこれからのセッションでどんどんせばJigを広めていこうとおもいました。
Posted by なっとー at 2008年12月22日 01:58
>なっとーさん
オリジナル曲なんですが、フィドルを活かした曲が出来ないかと
七転八倒してます(笑) 基本コンセプトとしてはデジタル・シーケンス
の上にフィドルとピアノとギターを乗っけて遊べないかなと♪ 
まだまだ模索中なんですけどね〜。数曲を建造中デス^^

インスト・ポップやフュージョンといった感じになると思うので
構成要素としては1曲あたり50〜70小節ですかね? もっとも
私の曲って単純なのばっかなので、なっとーさんなら速攻で覚えられるかと♪


せばジグは関西ではまったく聴かないのに、遠征セッションへ逝くと
ちょろちょろ聴きますね。お膝元弱し…(笑)

Posted by せばすちゃん at 2008年12月22日 09:09
>せばジグは関西ではまったく聴かないのに、遠征セッションへ逝くと
>ちょろちょろ聴きますね。お膝元弱し…(笑)

分かりました、みなまで言わなくてもけっこうですよ。
次のせば☆組の課題曲にしましょう!
Posted by cead at 2008年12月24日 21:51
>ceadさん
え〜いや、そんな気はまったくないデス^^; 遊びで弾くなら
ともかく、課題曲にする程の価値は無いかと…(笑)

Posted by せばすちゃん at 2008年12月25日 07:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。