2008年06月12日

魔王の落胤

上手な嘘のつき方をご存知だろうか? そのテクニックのひとつに、「多くの事実の中に、少しの嘘を混ぜ込んでおく」というものがある。これはなかなか効果的な手法で、かの司馬遼太郎なども極論すれば、このテクニックの名手だ。彼は徹底的なリサーチを行い、考証を重ねた上で、そこへオリジナルな創作を盛り込んでいく。そうすることで、歴史上の人物があたかも小説中の人物そのものであったかのように思えるほど、リアリティと輝きを発するのである。



「一体なんの話だ?」と怪訝な顔の方もおられるだろう。実はポルカ好きが昂じてオリジナル・ポルカを作ってしまったのだが、実際に存在するトラッド・ナンバーとセットを組んでみました…というオハナシだ。まぁ、こうしておけば嘘臭さがちょっとでも軽減され、それっぽく聴こえるかなという、合理的かつ巧妙、そして姑息な作戦だ。ふふ、さすが大魔王だぜ。

一曲は完全オリジナルの「Running Down the Windy Hill」 大魔王らしく爽やかな曲調が売りである。(注:もちろん反論は認めない) そしてもう一曲は、日本人なら誰でも知ってるアノ童謡をポルカ風に弾いてみた。これは以前から自分で遊びで弾いていたのだが、先日フィドルの会でちょろっと弾いてみたら、意外と好評だったので、録音してみた次第。某・利権ゴロ団体がうるさいので、ここでは曲名を「Yagi-san the Postman」としておく。この2曲をアイリッシュ・トラッドの2曲とあわせてメドレーにしてみた。例によってオケはお手軽・超手抜きな打ち込みサウンドだ。そして、これまた例によって、演奏そのものではなく、ポルカの持つ楽しげな雰囲気だけを鑑賞すべし!




1. Oh Those Britches Full of Stitches ! (楽譜 師匠のHPより)
2. Running Down the Windy Hill (楽譜
3. Yagi-san the Postman
4. Gan ainm (楽譜 フィールドHPより)



どうどう? 作戦が功を奏してか、なかなかそれっぽいでしょ? 実際にこんなポルカがあってもおかしくない雰囲気でしょ!? そうだと言え。 バイオリンを始めて3年、未だにこの程度しか弾けないのは赤面の至りであるが、ちょっとでもポルカの持つワクワク感が伝わってくれれば嬉しいね。 しかし、こういう音源を作ってみるとつくづく思うのだが、やはりいずれはバンド編成でアイリッシュをやってみたいなぁ。

ちなみに、3曲目はPublic Domainではないので、残念ながら楽譜の掲載は不可能だ。もっとも、オリジナル曲の譜面の後ろに間違って一緒に記譜してしまうという万が一の偶発的ミスがあったとしても、当方の預かり知るところではない。あ、オリジナル曲の楽譜だが、ポルカなので本来2/4拍子のハズなのだが、4拍子で記譜されているのは本当に偶発的ミス…ごにょごにょ。



まぁとにかく、面白いと思った奇特なアナタは、レッツ・トライ!!
posted by せばすちゃん at 17:32| Comment(23) | TrackBack(0) | 自宅練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

復活の狼煙

hartman1.jpg

話しかけられたとき以外は口を開くな!
口でクソ垂れる前後には「サー」をつけろ!
わかったか、ウジ虫ども!!

(Sir, Yes Sir !!)


というわけで、なんとあの「せば組」が再開決定! 来週末に開催されることになった。せば組とはアイリッシュの経験が少ない人を対象に、アイリッシュの基礎を練習をするために組織された練習会だ。(参照) もともとは、RIN☆さんを組長として発足したのだが、彼女は現在クラシックの集中基礎訓練中とのことで、第2回以降しばらく開催されていなかったのだ。しかし、ここに来て少々事情が変わってきたのである。それは一通のメールから始まった。



こんばんは、せばさん。Yoshiです。
いつもお世話になっております。

えっと、もっと世話してください。
                       (原文まま)



ここまで、剛速球・ド真ん中に自分の要求を伝える文面もなかなかに珍しい。文中にもあるが、フィドル仲間であるYoshiさんからのメールだ。彼はクラシックを習っておられ、フィドル歴こそ浅いが、オキャ会・フィドル倶楽部・オールナイト・セッションなど主要イベントではほぼ常連という、アレ街道驀進中のフィドラーだ。実は先日のオールナイト・セッション(参照)以降、クラシックを習っている方々の間でアイリッシュ・ブームが起きているのだが、その方々を対象に初心者講習会をして欲しいという内容であった。

確かに最近はアイリッシュ系の各練習会は高レベル化が進んでいる。同じ目的で始まった「オキャ会」も、今では地獄練習会の様相を呈しており、本当の初心者には正直、敷居が高くなってきていると思う。アイリッシュの魅力を伝え、間口を広げることは、私の望むところでもある。そこで実力不足は重々承知の上で、お引き受けすることとした。かくして、Yoshiさん主導のもと、「せば組」復活と相成ったのである。運営はお任せしていたら、なんとmixiのコミュまで出来てしまっている! ひえ〜、恐ろしい…。



第3回「せば組」練習会

日時:6/29(日) 13:00 〜
場所:大阪・難波 某・カラオケ店にて
会費:会場代のみ 1500円くらい

講師:
ブレイブ・ハート・達人フィドラー ceadさん
不肖せばすちゃん

課題曲:
Air:
Da Slockit Light (Shetland Air)

Polka:
Terry Teehan's 〜 Rakes of Marrow 〜 Sweeney's

Jig:
Connaught Man's Ramble

Hornpipe:
Harvest Home

mixiコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3435736



会の骨子としては、とにかくゆっくり、じっくり曲を弾きこむこと。各曲のコツやエッセンスを掴み取ること。曲を覚えること。高レベル化している最近の練習会とはまた違ったアプローチが出来ればいいなと思っている。参加者はアイリッシュ初心者とはいえ、クラシックを習っている方が多いので、私も色々教えて頂けるし一石二鳥だね。 というより、講師や生徒の関係ではなく、皆で一緒にカッコいいアイリッシュを探求できれば嬉しいね。参加者の皆さんよろしくお願いいたします。

基本的に少人数制がいいと思っているが、第3回にはまだ余裕がありそうなので、興味のある方はご連絡を!
posted by せばすちゃん at 09:13| Comment(24) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。