2008年04月01日

博多の夜の物語

某中尉は言った。「悲しいけど、これって戦争なのよね」 彼はむしろ清清しく言い放ち、散っていった。そう、愚かしいとは知りながら、ヒトは戦いを捨てられない。そして私もまた、戦いの中でもがき喘ぎつつ、フィドルを習得するという修羅の道を選んで歩いてきた。しかし、今回こそは生きて故郷の地を踏むことはないと覚悟して、彼の地へと向かう。

彼のいるあの地へと…。


hkt1.jpg

ハイ、相変わらず超大袈裟な書き出しで始まったわけだが、予告通り、九州は博多へセッション参加しに行ってきた。いや、こう書くと著しく語弊があるのだが、実際には仕事で九州へ出張したついでにセッションに参加させて頂いた旨、重ね重ね明記しておく。飽くまでついでね、ついで。参加の経緯は前回記事参照のこと。 セッション会場は福岡・天神にあるアイリッシュ・パブ「the Celts」 福岡のアイリッシュの総本山になりつつあるパブだ。セッションは夕方からなので、学会なんざは早々に袖にして(検閲削除)、パブへ単身突入する。


hkt2.jpg

今回の敵司令部はこのお二人。超絶フィドラー・padawanさんと、スーパー・パイパー・tommyさんだ。padawanさんは私がアマチュアでは最も崇拝している激フィドラーで、クラシックあがりのズバ抜けたテクニック、類稀なる感性、関西人ならではのネタとサービス精神を併せ持つ漢である。一方的にライヴァル心を燃やしているが、実力的には遥か14万8千光年ほどかけ離れている。そして笛吹きのtommyさんは、アイリッシュ・プレイヤーなら誰でも聴いたことはあるであろう、「フィールド・セッション・CD」の中で、笛を吹かれている達人だ。

このお二人が、このパブでフィドルや笛の教室などもやりつつ、アイリッシュの普及に努めて約一年。今ではかなりプレイヤー人口も増えつつあるとのことなので、今回は敢えて奇襲ではなく、堂々と襲撃を予告してパブへと殴りこむことにした。まさに捨て身の威力偵察である。奇襲では相手の即応能力評価が出来ないからな…ふふふ。



hkt4.jpg

今回迎撃に上がって頂いたプレイヤーは9名。1名は何処かでお会いしたことがあると思っていたら、なんと東京からお越しのmayuさん。 彼女は新橋の「ゆっくりセッション」でご一緒させて頂いた事があるのだが、今回は彼女もたまたま仕事で出張で来ているそうで、急遽参加と相成ったらしい。 ビバ・偶然! いや、彼女も私もホントに偶然デスよ。彼女とは、来月にも恐るべき偶然があることは、また後日…。

まだ皆が弾ける定番曲みたいなものが少ないようで、各自ネタ出しして、弾ける人がそれに追従するという形式でセッションは進む。やはりいつもと違うメンバーとやると、選曲も違ってくるので、実に新鮮だ。面白かったのは、同じ曲でも地方色があること。佐賀から来られているプレイヤーの方と、「St. Ann's Reel」「Soldier's Joy」等をやったのだが、我々が普段やっているのものと、佐賀で普段やられているバージョンでは、曲は同じなのだが、フレーズがかなり違う。まぁ変奏が無限に存在する音楽なので、当然といえば当然なのだが、面白いね。「Soldier's Joyを佐賀弁でやります」というフレーズも最高だ。


hkt5.jpg

上の写真はギターで参加のジムさん。彼は伴奏だけではなく、ソロでギター・プレイも披露して下さったのだが、その曲が激カッコよろしい! 一切ピッキングせず、フィンガーボードを叩くように押さえて発音し、ボディをパーカッションの様に叩いてリズムを刻む。曲の最後には、ペグを回してピッチ・ベンド! うっは〜、こういうの大好きデス。 いつかフィドルにも応用してみたいなぁ。



hkt6.jpg

padawanさんと見つめあって弾いているこの女性。実に美しいお方だったのだが、音色の方も超絶! 明らかに発音が違うし、アイリッシュにはあまり馴染みが無さそうなのだが、2回リピートすると、2回目には追従してこられる耳の良さ。 「な…何者!?」と思っていると、なんとバイオリンの先生とのこと。そりゃ凄いハズだわ…。この写真はバッハの「Double Violin Concerto」を弾いている図。他にも「パッヘルベルのカノン」がリールに早替わりしてしまう「P Joe's Pecurious Pachelbel Special」など、見せ場がテンコ盛り! やっぱりクラシック出身のヒトは一味違うなぁ。


なんだかんだと遊んでいると、「せばジグ弾いてください」との声が。 むぅ!? この曲は作曲者自身がイマイチ上手く弾けないという自己矛盾に満ちた禁断の曲。 それを知っての狼藉か!? しかし、実はpadawanさんがこの曲をソロでカッコよく弾いているのは聞いていたし、なんとその場に4人も弾ける人がいるというから、なんだかこっぱ恥ずかしいながらも、ちょっと嬉しかったり。というわけで、弾いてみました、「St. Sebastian's Jig」! 私のソロだけではトホホにも程があるので、セッションの雰囲気を記録するためにも、Padawan&Tommy氏の超絶リールと、4人で弾いたせばジグをメドレーにして公開。






hkt7.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもので、気がつけば4時間半ほど弾いていたセッションも終わりを告げた。こうやって異郷の地で独りセッションに参加すると、つくづく自分の実力の無さに辟易する。しかし、新しい課題も見えたし、刺激も貰えたし、何よりも単純に楽しい! 初めてお会いする方と、オリジナル曲を一緒に演奏して貰えるというのも初めての経験で、実に感慨深いものがあった。こんな駄ブログではあるが、本当に書いてて良かったと思える。この日あった出会いも、また大切にしていきたいと思う。


参加の皆様、お疲れ様&有難うございました! 幹事をして頂いたPadawanさん、Tommyさん、そして「the Celts」のマスター、本当に有難うございました! 是非また機会を見つけて遊びに行かせて頂きたいと思いますので、その節は宜しくお願いいたします。
posted by せばすちゃん at 02:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

アイリッシュの夜明け

今回は前回(参照)引っ張っていたネタの続きをば。


前々回の「
フィドルの会」で終了間際に突然、ミニライブが始まった。達人たちの繰り広げる素晴らしいサウンドに皆が聴き入り、終了予定時刻を遥かに超えているのに、誰も帰ろうとしない。調子に乗って、「今夜はこのまま朝までライブだ!」などと野次を飛ばす、せばすちゃん。何気ない一言であったのだが、それに耳ざとく、なおかつ異常な反応を見せた御仁がいたのである。

「お、それは面白いね。 …やろうか。」



…ぬわんだと!? 脊髄反射級に何の躊躇いも見せず、とんでもないコトをサラリと言ってみせるその御仁の方をキッと見据える。 誰だ、無責任に好き放題言う奴は!? (注:この際、オマエはどうなんだという意見は足蹴) ところが、そちらを向いた途端に愕然とする私。 なんと、フィドル倶楽部のオーナーさんでる。 無責任どころか、責任者そのもの。 責任の権化、カタマリである。


せばすけ:「…ほ、本気ですか…!?」
オーナー:「もちろん! ブルーグラスの連中は時々やってるよ。」
せばすけ:「いや、でも…夜中じゅう騒いでたら周囲に迷惑が…」
オーナー:「ここは持ちビルだから大丈夫!」
せばすけ:「…それは…(必要以上に)心強いお言葉…」
管理人Y:「よし、じゃぁ、せばさん、日を決めちゃって下さい!」
せばすけ:「え〜、ん〜…それじゃ…ここ…とか…?」 (ぼそぼそ)
管理人Y:「皆さん! 4/28日、オールナイト・セッションやりますね!!」
馬鹿ども:「いよっしゃああああ!!!!
せばすけ:「…マジですか…」
管理人T:「当日は私が料理を作ってお出ししますね〜♪」


というわけで、ノリと勢いだけで決まってしまいました…オールナイト・アイリッシュ・セッション! 最近、練習会やセッションの長時間化が進み、8時間練習会なんてものが出てきて、皆の熱さに辟易…もとい感心していたのだが、ついにオールナイトとは…。おまけに、ノリで決まったはいいものの、本当に来る人いるのかなと探りを入れてみると、参加希望者多数!…この世はいったいどうなっとるのか…。 推定約12時間の長ロングセッションの詳細は以下の通り!



日時:4/28(月) 20時頃〜翌朝気が済むまで
場所:大阪・南堀江 フィドル倶楽部 (
HPはこちら! 地図あり)
会費:未定(若干必要)


・翌日29日は休日ですので、体力の続く限り、思う存分弾き倒して下さい! 

・会費は未定ですが、若干必要と思われます。(1000〜3000円程度?)

・管理者Tさんが、手料理を振舞って下さるそうです! もちろん持ち込みもオッケー!  
・お茶・コーヒー・ジュースなどは無料(多分)!
・アルコール類はフィドル倶楽部に常設されていますので、キャッシュ・オンで購入可能です。

・医療スタッフ完備! ただし、ヘベレケで使い物にならない可能性大。

・長いセッションですので、色々なことが出来ると思います。初心者の方への対応も可能と思いますので、腕に自信のない方も気後れせずにご参加下さい。

・一晩中弾く根性は無さそうだけど参加したいという方は寝袋持参。近くのホテルを確保して参加する方もおられるようです。 …すげ〜。



まぁ、ドアホウ極まりない企画ではあるが、たまにはこんな非日常的なイベントも面白いだろう。大人になると理性が邪魔をして、好きなことを徹夜でやるなんてマネが出来にくいからね。これはアホなセッション企画ではなく、少年の心を取り戻す会という位置づけにしておこう。

会費や開始時刻など確定すれば、追って発表します。
皆さまも奮ってご参加下さい!

posted by せばすちゃん at 17:00| Comment(28) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

詳細決定!!

さて、先日告知しました、「朝まで騒げ! 怒涛のオールナイト・アイリッシュ・セッション・パーティ!!」企画ですが、詳細が決定したので報告です。


日時:4/28(月) 19:30 〜翌朝気が済むまで
場所:大阪・南堀江 フィドル倶楽部 (
HPはこちら! 地図あり)
会費:2000円


開始時刻は1930時、会費は2000円に決定しました。会費には、管理人Tomatoさんによる手料理(!)と1ドリンク(アルコール類もあり)が含まれています。料理はたっぷり用意されているとのことですが、物足りない方は有志を募って、夜中に「メタボ夜食ツアー」を敢行いたしましょう! (会場ビル1Fはラーメン屋デス)
 
見学のお問い合わせも頂いておりますが、見学だけなら会費は不要です。

途中参加や早退も自由ですが、参加費は一律2000円でお願いいたします。

車でお越しの方は、付近にコイン・パーキングが多数あります。ただ、飲酒での運転は禁止。そして寝不足での運転にはくれぐれもご注意ください。

なんと、富山からと東京からの参加表明を頂いております! 当ブログを読んでくださっている方で遠方のため参加を躊躇われているかたがおられましたら、勢いでゴー!!



それでは、皆さまと熱い夜をおくれることを楽しみにしております。 奮ってご参加下さいませ!

Dismiss !!
posted by せばすちゃん at 12:37| Comment(17) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

愛すべき大馬鹿野郎ども

数年前、「想定の範囲内」という言葉が流行ったことがあった。確かに、出来る男はあらゆる事態を想定し、それに対する対処を事前に検討しておく。そうすることによって、ものごとを遅滞無くスムーズに進行させることができるのだ。仕事でも趣味でも日常生活でも、いわゆる「イケてないヤツ」というのは、すべからくこの能力が欠如しているように思う。要するに想像力の欠如だ。

しかし、往々として人間の理解の範疇を遥かにぶっちぎってくれる端迷惑な事態というものが起こるものである。それが世の中の面白さとも言えるのだが、当事者としてはまったく困ったものである。

allnite1.jpg

さて以前から告知していた「オールナイト・アイリッシュ・セッション」の当日がやってきた。参加者は仕事が終わってから三々五々と参集し、翌日の朝までひたすらアイリッシュを弾き倒すという、おバカ極まりないながらも、ちょっと少年の心を呼び起こす魅惑のイベントである。しかし、アイリッシュ演奏家というのは比較的年齢層も高めだし、結婚して家庭持ちの方も多い。男女比としても女性のほうが多い。幾らアイリッシュ好きでも、一晩中弾き倒すなどという企画には参加しにくいだろうという予測が、必然的に私の脳内にはあった。日頃の練習会などの参加人数から、終電までは20人ちょっと、朝まで弾くのは10人程度と予想をしていたのである。これはごく妥当な数字だと思う。しかし、私はこの時点で完全にあるひとつの点を失念していることに気づいていなかった。 ヤツラが常に予想の斜め上を逝く人種であることを


いちおう発起人であるため、セッションの最初から参加したかったのだが、私はいつも月曜日は仕事が遅くなる日。仕事が終わると速攻で愛車に飛び乗り、アクセル・ペダルを床まで踏みつけて会場へ向かう。1時間遅れで会場のビルに辿り着いた時、ふと違和感に気づく。会場はビルの三階であり、防音もしっかり効いた部屋である。にも関わらず、ビルの一階で既にオキャロランが大爆音で聴こえるのである。 …ホワッツ?

allnite2.jpg

階段を駆け上り、会場へ足を踏み入れると、そこには人、人、人! その数すでに29人!! ちょっと待て。いったいコレはどうなっているんだ? いくら翌日が休日とは言え、平日の夜だぞ!? この時点で自分の判断が甘かったことに気づきはじめたが、まだ私は楽観的であった。とりあえず席を確保し、遅ればせながらセッションに参加する。今回はピアノ伴奏をしてくれている方がいる…と、よく見るとhataoさん!! 関西アイリッシュ界では知らない人はいない、プロのアイリッシュ・フルート奏者である。hataoさんがピアノ伴奏って…勿体無いというか、ホントに多才極まりない。


allnite4.jpg

なんと今回のセッションでは東京から二人、富山から二人と遠路遥々お越し頂いた参加者がおられる。こちらは富山から来られたZENさんと、いっつぁんさん。ZENさんはなんとカザフスタンのドンブラという2弦の弦楽器で参加! ま…マニアックにも程がある…。私が手に持っているのは、お土産に頂いた富山名物・「鱒寿司」。他にもたくさんお土産を頂きました。謝謝!


allnite8.jpg

東京からはmayuさんが参加。この方は前回、博多襲撃の際にもご一緒させて頂いたのだが(参照)、仕事の都合で日本全国を移動しておられる。今回もたまたまベストなタイミングで大阪の仕事があったそうで、オールナイト・セッションにもご参加頂いた。もう一人の東京からの参加者は、言わずとしれたモハー氏。「アマチュアで日本一移動距離の長いフィドラー」と目される神出鬼没の男である。野郎なので写真は割愛。(ひでー)



allnite5.jpg
allnite6.jpg

フィドル倶楽部のスタッフ・tomatoさんによる手作りの料理も供され、飲み食いしながら和気藹々とセッションは進む。いや〜、いいね。ちょっと予想よりも人数多かったけど、問題ナッシング! 楽しいね。







…なんか、人増えてね?
 
allnite7.jpg

セッションが進むにつれて、続々と参集してくるプレイヤー達。途中で早退する方もあるので入れ替わりはあるものの、なんとスタッフを含めて、延べ49人!! マイガーッ!! いや、それオカシイだろ!? ここまで物好きが多いとは、完全に計算違いである。アイリッシュ・プレイヤーだけでなく、アイリッシュに興味があるバイオリン奏者の方々も最大9名様でお越しいただき、場はますます盛況に。

allnite9.jpg
allnite10.jpg

もう、こうなってくると、フィドルの壁である。実に壮観だ。


allnite11.jpg

今回の参加者にはダンサーも多数おられたので、途中セットダンスも披露! アイリッシュ音楽は基本にダンスがあるので、ダンスの動きなどもリズムを知る上で非常に重要である。私は、光量の少ない会場で、動きの激しいダンスを如何に綺麗にブレなく撮影するかという裏技を披露。内容は参加者だけのヒミツ!



allnite12.jpg

流石に終電近くになると帰宅する人も多かったが、午前2時の時点で残存32名。予想の3倍の数字である。差し入れのリポビタンなど飲みつつ、ますますセッションは熱く盛り上がる。ちなみにこのリポビタンDだが、とある参加者の暗躍により、タウリンが大幅に増量されている。こういう趣味の集まりでは多様な職種や、日頃馴染みのない世界の方と知り合いになれるのも楽しいね。


allnite13.jpg

そして会場ビル1階がラーメン屋なのをいいことに、「メタボ夜食ツアー」も敢行。参加者14名。医療従事者として一言言わせてもらおう。 あなた方、心身ともにちょっとビョーキです。



allnite14.jpg

夜食後も勢いは留まることはなくセッションは続く。というか、音が途切れることは、ついぞ無かった。参加者の皆様の持ちネタの多さと、無駄に有り余りまくっている情熱には本当に驚きだ。そして午前4時30分、ついに空は白み始める。ここから最後の大ポルカ大会となり、最後のシメは定番中の定番、「John Ryan's Polka」の魂揺さぶる大合奏にて閉幕となった。



allnite15.jpg

午前5時7分。最後まで戦い抜いたプレイヤー23名で記念写真。ここに写っている人間は、もはや戦士といっても過言ではないだろう。そして極めつけの大馬鹿野郎どもとも…。しかし、愛すべき大馬鹿野郎である。この情熱とパワーがある限り、アイリッシュ界はさらなる発展を遂げるだろう。…しかし、日本の将来はちょっぴり心配である。



参加者の皆様、本当の本気でお疲れ様でした! そして有難うございました。 私の軽い一言から実現してしまったこの企画、ここまでの規模に膨れ上がるとはまったく思っていませんでした。まさか50人にも及ぼうかという人間が集まろうとは、まさに想定の範囲外で、その人数ゆえに小回りも利かず、至らぬ点も多数で申し訳ありませんでした。セッションとしてはグダグダな面も否めませんでしたが、楽しさを感じて頂いていれば嬉しく思います。そして、ノリノリでこんな馬鹿げた企画を実現させて下さり、採算度外視で会場や食事の手配をしてくださるフィドル倶楽部さんには感謝の言葉もありません。本当に有難うございました!


ついに、8時間練習会、オールナイトと来てしまったか…
次は合宿かな。(ぼそっ)
posted by せばすちゃん at 17:54| Comment(33) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。