2009年06月24日

魔王の復活

突如として、表舞台から姿を消した魔王。


しかし、魔王は決して滅びない。
地下へと潜り、力を貯え、
復活の日に備えていたのである。


地下で蠢動していた魔が今、地表へと這い出ようとしていた。



半年の沈黙を破り、あのが帰ってくる。



刮目して待て!!

posted by せばすちゃん at 10:36| Comment(19) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

せば組2009・起動!

sbgmny1.jpg

今年も超初心者アイリッシュ練習会「せば組」の活動も活発になりそうな気配がありありと漂う今日この頃。本年度の活動第一弾として、新年会パーティーが行われることとなった。会場は昨年地元にオープンしたアイリッシュ・パブ「GALWAY」。 料理もイケてるし、なかなか音響がいいので、最近利用頻度が高くなってきているパブだ。今回は3時間貸切りでのセッション・パーティーなので、お客さんの目を気にすることなく弾けるだろう。またもや例によって当直明けだったため、30分ほど遅れて会場へ到着。会場への扉を開ける。



sbgmny2.jpg

例によって、いるわいるわ、ビョーキな方々が。 今回の参加は17名。いつものこととはいえ、目の当たりにすると未だに驚くね、彼奴等のパワーには。ちゃんと、そのパワーを仕事にも振り向けてるんだろうな?と、自分のことは遥か成層圏より上に設置されている棚に投げ上げて、ちょっぴり心配。お初にお目にかかる方も2名おられる。こうやって少しずつ輪が広がっていくのは嬉しい限りだね。



sbgmny3.jpg

今回はなんと自前のキーボードまで持ち込んでいる有志もおられた。 今年も最初からエンジン全開である。 よくまぁ、こんな重くて嵩張るモノを…。おかげさまで、今回はキーボードとギターの伴奏という豪華布陣。やっぱり伴奏楽器が充実してると、音に厚みが出て楽しいね。曲は今までに「せば組」で練習した曲を中心に、ゆっくりしたテンポから徐々に速くしていくスタイル。しかし、せば組も7回を数えるようになると、結構レパートリーが増えてきたなぁ。日頃私があまり弾かない曲もあるので、リフレッシュ&ブラッシュ・アップにもなるね。


sbgmny4.jpg sbgmny5.jpg
(Photo bay takeさん)


もちろん「GALWAY」自慢の料理群も続々登場。写真は美食ブログとしても最近名高いtakeさんのブログから無断拝借。いつも、スイマセン! う〜ん、しかしこれだけの料理が出て3時間貸切りで、あのお値段とは…。有難すぎるぜ、GALWAY!


1500〜1800時が作戦時間だったのだが、私はまだ次の仕事があったため、1800前に中座。残念無念。楽しいイベントを中座するというのは非常にフラストレーションが溜まるものだ。後ろ髪を引かれる思いで、会場を後にする。しかし、後ろ髪引かれっぱなしで終わってしまっては漢がすたるというものだろう。左の頬を殴られたら右の頬も差し出すなどという諦めきった奴隷根性では、真の勝利は掴めない。諦め悪く最後まで足掻く者こそが強い漢だと私は思っている。なんとなく予感もあったので、仕事が終わったあとで2030時頃、再度「GALWAY」へと向かう。扉を開けると…やはり、まだやってやがる。 ですよね〜。この連中がたった5時間半くらいでお開きにしてるわけないよね〜。ホントにこの人達ちょっとマズイです。しかし、フラストレーションの溜まっていた私にとっては、まさに渡りに船。力一杯、残り30分ほど弾かせていただいた。あ〜、スッキリした。


参加の皆様、お疲れ様&有難うございました! 企画&渉外担当のceadさん、お疲れ様でした! そして、少々常軌を逸脱したメンバー相手に素晴らしい環境を提供してくださる「GALWAY」スタッフの方々、本当に有難うございました! 今年も熱く楽しく逝きましょう!
 
posted by せばすちゃん at 01:29| Comment(29) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

正しくボウを鷲掴め!!

いよいよ今年度のレッスンが始まった。本当は先週がレッスン初めだったのだが、仕事の都合でいきなり参加できず。 うむ、今年も順調な蹴躓き具合だ。 もちろん、あまり練習も出来ていないので、おっかなびっくり教室の門を潜る。今年も相変わらず師匠は爽やかだ。もっとも、DEATHメガネっぷりも今年も変わらないんだろうがな。 今年のレッスンも気の抜けない過酷なものになるんだろうなぁ…ふう。



さて、年が明けても最初の曲は「Down by the Sally Gardens」から。気がつけばアイリッシュ・フィドルを習い始めて足掛け5年目に突入してしまったのだが、未だにこの曲は毎回弾いている。その割にはなかなか上手く弾けない曲の代表格だけどね。そこからジグ〜ホーンパイプ〜リールと課題曲を弾いていく。う〜ん、なんだかこうイマイチ、パッとしない。一通り弾いてみたところで師匠が言い放つ。


師匠:弓をちょっと寝かせすぎですね。
せば:!!


bangle.jpg


いや、実は指摘されるまでもなく自覚はあったのである。リールでテンポが速くなってきた時に音にノイズが混じりやすいのも、そのせいではないかと。 要するに弦の張りに対して直角に弓を当てるのが基本形なのだが、私の場合はこの弓と弦の角度がつきすぎているのである。達人になれば、この角度を変えることで毛の接触面積を変化させて音色をコントロールしたりするのだが、私の場合は意図してやっているわけではない。いや、実は本当は最初は意図的にやっていたのだ。安定しない高音域の音色を、こうすることでちょっと誤魔化すことができることに気づいた私は、いつしか極端に弓を傾ける悪癖をも獲得していまっていたのである。

気づいてはいたものの、一度ついた癖を修正するのは難しい。プロの野球選手だって自分のフォームを修正することは非常に困難なことなのだ。理屈では解っていても、そう簡単には正しいフォームは手に入れられない。しかし、世の中には簡単に不可能を可能にしてしまう漢もいるのである。 しかも、とっても身近に。



せば:ですよね〜。気づいてはいたんですが、なかなか修正できなくて…。
師匠:それじゃ右手の中指をもうちょっと深くしてみて下さい。
せば:ほえ?
師匠:そして楽器を構える角度をもうちょっと、こう…。
せば:ふむふむ?
師匠:それじゃ、これでもう一度弾いてみましょうか♪
せば:(たったそれだけ!? んな簡単に修正できたら誰も苦労…)

               (試奏中)

せば:!!
師匠:…いきなり音が良くなりましたね。


ジーザス!! 弾いてる自分がまずビックリ。 師匠も自分で指導しておきながら、一瞬息を飲むほど良い音が飛び出す。しかも、音もデカイ。こ、これが失われし虎徹の本来の力なのか!! 練習不足は勿論だが、いつのまにか変な癖がついてしまい、本来の虎徹の音色を発揮できなくなってしまっていたようである。おまけに苦労していたリールのクロス・ボゥイングなんかもやりやすくなっている。そうか…またもやフォームの崩れから調子を崩していたのか。

しかし特筆すべきは師匠のコーチング能力である。スポーツの世界でも「ここをこうした方がいい」という評価は出来ても、「どうすればそう出来るのか」を伝えることは非常に難しい。そこがコーチやトレーナーの能力となるのだが、師匠はその能力にも長けているようだ。たった二つの点を意識させるだけで、ここまで劇的に改善するとは…う〜む、5年経っても一向に倒せる気がせん。 (まだ倒す気だったんかい)



ともあれ、今年度初のレッスンにてフォーム修正を果たした、せばすちゃん。今年も突っ走りマス!!
posted by せばすちゃん at 23:31| Comment(15) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

新春に誓う

新年明けましておめでとうございます! たかが365日のうちの1日に過ぎないという醒めた見方も出来ないこともない正月ではあるが、やはり1年の区切りとして心機一転、心持ちを新たにするという意味では、やはり意義のあるものだと思う。まぁ、もっとも大晦日も正月も仕事してんだけどね、今年も…。



さて、今年も昨年の抱負の達成度を評価し、新たなる目標を設定してみようと思う。昨年初頭に挙げた達成目標は以下の通り。

1. リールの強化。目標曲:「Farewell to Erin」
2. 謳うジグの強化。目標曲:「Lark in the Morning」
3. オリジナル曲の研究。
4. バンド編成のアレンジ研究


う〜む、1.に関してはまったくダメ。とりあえず暗譜で弾けることは弾けるが、まったくカッコよく弾けない。というか、練習不足でまったく論外のレベルである。 2.はまずまずかな? 師匠からも「かなり良い感じで弾けてますね!」と言われるところまでは来たが、風呂場のカビでさえ褒めることが出来るであろう師匠の言なので、言葉通りには受け取れない。でもまぁレベルアップしてることは間違いないと思うので、まぁ達成ということにしておこう。 3.は、これもまぁ達成でいいかな。音源として発表したのは「Running Down the Windy Hill」「Yagi-san the Posman」の2曲だけだが、実は未発表曲が数曲ある。今年はもうちょい発表したいね。 4.に関しては、研究はしているものの、成果の程がまだ解らないので未達成かな。今年こそはバンドもしくはユニット編成で、ちょっと面白いことをしてみたい。トータルで達成率は60〜70%くらいかな? もうちょい頑張らないとイカンね。



さて、それでは今年の目標を設定!

1. リールの強化。目標曲:「Farewell to Erin」
2. バンドもしくはユニットでライブをする。
3. オリジナル曲を3曲は発表する。


1.は昨年からの継続目標だ。私の場合は依然、圧倒的にリールのレパートリーが少ない。レッスンでも延々と課題曲の2曲を中心にやっているので、いまだにレパートリーと言えるのは10曲に満たないのが実情だ。だいぶリールの弾き方にも馴染んできた感があるので、今年はレパートリーの拡充にも力を入れたいところだ。 2.は研究だけではなく、実際に一度はライブをやってみたい。フィドル以外の楽器を弾くかもしれないが、とにかくアンサンブルでアイリッシュを今年は実現させてみたいところである。そしてアイリッシュ以外でも、フィドルっぽさを前面に押し出したオリジナル音楽にもトライするべく現在妄想中である。 3.に関しては、今までにワルツ・ジグ・ポルカを発表しているので、それ以外の曲種にも挑戦してみたいところ。自分で作ってみるというのは、音楽の理解を深めることにも繋がるしね。

うん、この程度なら充分に実現可能な目標だろう。




newg8.jpg

よ〜し、混沌としていた我が書斎も大掃除して爽やかになったし、今年もバシっとキメてやるぜ!! …なに? 大掃除したハズなのに、以前より機材が増えてる気がするって? 気のせいだ。 正月早々寝ぼけたコト言ってんじゃないよ、まったく。 …いやまぁだってさ、キーボード歴は20年にもなるのに、ピアノ鍵盤は1台も持ってないのもどうかと思っちゃったりするしさ、2.と3.の目標を達成するのに必要だしさ。 …もっとも目標2.に使うには、重量が35kg以上あるから、持ち歩く気にはならんがね、わはは。



まぁ、何はともあれ今年も宜しくお願いいたします!
posted by せばすちゃん at 14:59| Comment(18) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

前年突破、怒涛の弾き収め!

気がつけば、なんとブログの更新が丸一ヶ月ぶり。この季節は仕事が忙しいシーズンなのである程度は仕方ないのだが、ちょっと不精が過ぎますな。ま、不定期連載だから構わないハズなのだが、こんな更新の少ないブログなのには関わらず、毎日数百件のページ・ビューがあると、なんだか申し訳ない気がする…見に来てくれている方々、スビバセン。



fcbow1.jpg

さて、気を取り直して今回は2008年度の弾き収めの模様をレポート! いつもお世話になっている「フィドル倶楽部」さんでの忘年会セッションだ。師匠が開催している初心者向けのアイリッシュ練習会に引き続いて、忘年会セッション・パーティーをやろうという試みだ。昨年から行われているイベントなのだが、年の瀬も押し迫ったこの時期にもかかわらず、昨年はかなりの盛況だった。(参照)  今年はどうかなと会場の扉を開けると、いるいわいるわ、総勢28人! 去年より増えてるじゃね〜か…何をやってるんだね、チミタチは…。



fcbow2.jpg

主催は勿論この方、我が師匠である大森ヒデノリ氏。今年も最後の最後まで爽やかな漢であった。もっとも爽やかなのは外見だけで、要求内容は2008年度も無理無茶無謀を極めたものであったが、それも思い返せば良い思い出と言えなくもない。 血を吐きすぎて、若干Hbが下がったがな。 ともあれ、この愚弟子をまたこの一年間、教え導いて下さったことには感謝の言葉もない。有難うございました!



fcbow3.jpg

なんだか、この手のイベントはだんだん参加するメンバーが多種多様となっていく気がするのだが、今回はなんとアイルランドはゴールウェイからのお客人も! う〜む、ついに本場から参戦するツワモノが現れたか…。ちなみに、遠方からの参加は彼を筆頭に、東京から2人、奈良から4人、広島から2人。…病気過ぎる…。



fcbow4.jpg

今年は超初心者・練習会「せば組」の復活・躍進の年でもあった。私の名前こそ冠されているものの、私はポジション的には名誉会長で本来はオブザーバーなのだが、分不相応ながらも講師役としてほとんどの会で参加させて頂いた。組長代理であるYoshiさん、有難う&お疲れ様でした! 写真の一列は全員が「せば組」のレギュラー・メンバーなのだが、ボゥイングが揃っているのが面白い。特に練習時にはボゥイングの指定はしていないのだが、一緒に練習しているうちに、プレイも似てくるのかな?




fcbow5.jpg

たっぷり遊んで、気がつけばあっという間の終了時間。弾きも弾いたり5時間に及ぶセッションであった。参加の皆様、お疲れさまでした&有難うございました! また、例によって会場の提供をはじめ、食事の用意までしてくださるフィドル倶楽部のスタッフの方々、本当に有難うございました! 来年もまた一緒に遊んでいただけたら幸いです。改めて、よろしくお願いいたします!
posted by せばすちゃん at 22:30| Comment(10) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

眠らない者達の音楽夜会

ais1.jpg

半年前、私の何気ない一言からうっかり実現してしまったトンデモ企画に、ヒトとしての常識を超越した人数が集まってしまい驚天動地の事態となってしまったオールナイト・アイリッシュ・セッション。(参照)  あれから半年、今度はその第二弾が開催されるというので、是非にと参加させて頂くことにした。今回は宣伝告知はしたものの、私が言いだしっぺというわけではないので、幾分気が楽である。なんだか至る所で「首謀者」とか「黒幕」とか悪そうなイメージが定着しつつあるような気がするが、本来、私はキャラ的には企画側よりも参加者側の方がいいんだよね。まぁ、「面白いことが無けりゃ、自分で作ればいい」というアメリカ的というか、SOS団的発想が魂の根底に流れているのは否定しないがね。



ais2.jpg

今回は、初心者練習会「せば組」も並行開催ということで、セッションに先立って同会場で練習。常連メンバーに加え、今回はお初にお目にかかる方が2名参加! 「たかよ」さんと「jun」さんで、なんと「jun」さんは富山から遠路はるばる参加である。 最近どうなってるのだ、富山…。 アクティビティが高いにも程がある。 富山ブラックの食べ過ぎで、高血圧性脳症でも発症していないかと心配するくらいのデカルチャっぷりである。いや、本当に遠路はるばる、お疲れ様&有難うございます。

今回の練習曲は「Danny Boy」「John Ryan's Polka」「Over the Moor to Maggie」の3曲。3曲目は初心者練習会には難しい選曲だと思うが、某参加者(これまた遥々、奈良からの参加…)のたっての希望でトライしてみることに。他の2曲が有名曲で弾きなれている方も多かったため、3曲目に時間を割くことが出来た。最終的には、皆それなりに弾けるようになってしまったところが恐ろしい。やっぱり熱意ってものは凄いね。世の中には才能というものは歴然として存在するが、時としてそれを凌駕することがあるのは間違いないと思う。





ais3.jpg

練習会も終わりを迎える頃になると、徐々にセッション参加者が増えてくる。今回は流石に前回のようにアホみたいな大人数というわけではなかったが、それでも約20人が参加。いやまぁ、モノ好きって意外と多いよね、ホント。連休くらいどっか遊びに行かなきゃイカンよ、まったく。え、貴様はどうなんだって? ふん、どうせオイラには連休なんてないのさ…しくしく。



ais4.jpg

今回のセッションでは、色々と実験的要素も試してみたのだが、そのひとつがコレ。「Computer Assisted Score Projection System」、略称「C.A.S.P. System」だ。 いやまぁ、PDF化した楽譜をPCからプロジェクターで投射してるだけなんだが、せば工房産のシステムとしては、今までで一番システム然としているだろう。 「せば工房のシステムはどれも名前ばっかり大袈裟」とかいう口さがない連中め、思い知れ

初心者がセッションや練習会に行った際に、「曲名がわからない」「わかっても楽譜を探しているうちに曲が終わってしまう」というのがセッション参加への弊害のひとつになるのだが、それをちょっとでも改善できないかと試験的に導入してみた。また、せっかくのセッションなのに、他のプレイヤーと顔を合わせて演奏することなく、楽譜を見るために下を向きっぱなしという事態も軽減できないかと常々考えていたのだ。曲が始まるとPDF化された楽譜をスタッフが検索し、スクリーンに投影するという段取りだ。

まぁ、正直にいうと効果のほどは微妙だ。プレイヤーが楽譜を探す手間は省けるが、運用上の様々な問題もある。だがしかし、虚仮脅しハッタリ効果は抜群である。 なんせ、会場へ入ったら真正面のスクリーンに楽譜が投影されているのだ。無駄に近未来的なイメージ大である。システムの写真を撮っていかれる方も多かったので、ツカミとしては上々かな? 休憩中にはDVD鑑賞なども出来るし、オープンマイク・セッションではスクリーン・セイバーを利用してビジュアル・エフェクトも可能。使い方次第では面白いかもネ。




ais5.jpg

今回は「ひたすら弾き倒す」というよりは、和気藹々と楽しむパーティー・ライクな雰囲気。スタッフ・tomatoさんの手料理を堪能しつつ大森師匠のライブDVDを鑑賞したり、持ち込まれる珍しい楽器で遊んだり、アルコール片手に語らったり。こういうのも、いいよね。


ais6.jpg

今回も富山から2名がお越しくださった。前回の遠征で散々っぱらお世話になりたおしたZEN氏と、富山のパブで一緒に遊んでくださったjun氏のお二人だ。富山の女神こと「いっつぁん」さんは今回来られなかったが、富山アイリッシュ勢の勢いには目を見張るものがある。本当に御苦労さま&有難うございます。




ais7.jpg

今回は色々な楽器が持ち込まれたことも、大いにセッションを盛り上げた。フィドルはもちろん、ピアノ、ギター、フルート、ティン・ホイッスル、アコーディオン、コンサーティーナ、バンジョー、チェロ。この辺までは常識の範囲内だと思うが、アイリッシュを徹夜でやろうなんて連中に常識など通用しない。 上図は某氏が持ち込んだエレクトリック・バイオリンである。ただのEVであれば驚かないが、ギター用のマルチ・エフェクターにブチ込んである上に、ワウ・ペダルまで装備したブッ飛び仕様である。かなりエキセントリックでワケワカメな音も出るが、コーラスやリバーブを深めにかけた音色でオキャロランなどを弾くと、かなり気持ち良かったりする。


ais9.jpg

そして、ZEN氏お得意のカザフスタンの2弦楽器「ドンブラー」。見事な腕前で主旋律から伴奏まで弾き倒される。なかでも様々なアクションを織り交ぜながら弾く「曲弾き」は大人気! 私も富山で初めて見せて頂いた時は度肝を抜かれたが、今回も参加者の心を鷲掴みにしていた。そりゃぁとにかく、カッコイイもの。ちなみに、なんとかフィドルに応用しようとするおバカも多数発生したことは、言を待たない。


ais10.jpg

こちらはバカでかいビオラに見えなくもないが、実は1/8サイズのチェロ。誰だ、こんなの持ち込んだのはっ…実に面白い。 あ、ここ福山風ね。異議はもちろん却下だ。ちなみに、写真ではフィドル風に構えているが、この構えをとるとエンドピンが頸動脈にジャスト・ミートする。 非常に危険なので、よい子は絶対にまねをしてはいけません。 (経験者談)





ais11.jpg

そして今回のセッションで新規導入された試みのひとつが、オープン・マイク・セッションのコーナー。今回は人数がそう多くなかったので、ほぼ全員にステージに上がって頂き、曲を披露して頂くことになった。果敢にもソロで挑むブレイブ・ハートもいれば…


ais12.jpg

ais13.jpg

即興で数人のグループを形成して挑む方も。打ち合わせなどナシのぶっつけ本番なのだが、いい味出してるグループもあって面白い。これはフィドル倶楽部さんからの提案で、一部がオープン・マイク・セッションになったのだが、程よい緊張感も味わえてなかなかユニーク企画だと思う。私もソロで挑戦したのだが、演奏の出来はともかく、最近は教室の運営方針もあって発表会に出る機会もないので、新鮮なドキドキ感が味わえた。やっぱり、人生におけるドキドキ感て大事よね。





ais14.jpg

そして午前5:40。うっすらと白み始めた空とともに第二回・オールナイト・アイリッシュ・セッションは終幕を迎えた。今回は前回の時のような大人数でこそないものの、そのぶん実験的な試みも出来て、なかなか面白いイベントだったと思う。セッションや練習会は長ければいいというものではないが、こういう「オールナイトで皆と遊ぶ」という若気の至りっぽいおバカさが、楽しさを増していることは間違いないと思う。ちょっとしたドキドキも体験できたしね。


参加の皆様、本当にお疲れ様でした! こんなおバカな企画を格安で提供して下さるだけでなく、自身で参加までされてしまうフィドル倶楽部のオーナー、管理人、およびスタッフの方々には感謝の言葉もありません。せば組・組長代理であり、PDF楽譜制作者であるYoshiさんには大変お世話になりました。そして、こんな阿呆な目的のために、文句の一つも言わず、高額な機材を無償貸与して下さった兵庫○○○○のY先生、有難うございました。 また、皆様とおバカな企画で盛り上がれる日を楽しみにしております!
posted by せばすちゃん at 19:30| Comment(34) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

悪霊どもの宴、再び!

2008年6月。主催者の予想を遥かにブッチぎる大人数が集まり、夜が明けるまで大騒ぎを繰り広げた、あのオールナイト・アイリッシュ・セッション。(参照) あれから半年…なんと、その第2弾が開催されます! そして、今回はその開催に先立ち、超初心者練習会・「せば組」も同時開催! 詳細は以下の通り!



せば組・第7回
日時 :11/22(土) 16:00 〜 19:00
会費 :500円
課題曲:
Londonderry Air (Danny Boy) (楽譜 音源)
John Ryan's Polka  (楽譜 音源(1:49 〜) )
Over the Moor to Maggie  (楽譜 音源)


朝まで騒げ! 怒涛のオールナイト・セッション・パーティ mk2
日時 :11/22(土) 19:00 〜 夜明けまで
会費 :1500円

会場 :大阪・南堀江 フィドル倶楽部 (HPはこちら! 地図あり)



「せば組」は超初心者を対象とした練習会です。特に予習をしていない人でも、この3曲が弾けるようになるのが目標です。アイリッシュに興味はあるけど、いきなりオールナイト・セッションは敷居が高い…と、俯き、躊躇い、諦めかけているアナタ! ぜひ覗いてみてください。 なお、会の趣旨上、達人級のプレイヤーはご参加をご遠慮下さいませ。


そしてオールナイト・セッションでは、一部をオープン・マイク・セッションのコーナーにする予定です。ブレイブ・ハートな猛者達はステージへ! そこまではやれないガラスの心を持つチキン・プレイヤーはフロアで一緒に弾いてください。もちろん一杯やりながら、猛者達の演奏を聴くのもアリです。なお、ステージ上でプレイして下さった方から、独断と偏見による審査の結果、粗品を進呈します。超絶プレイだけではなく、ネタでもオッケー。珍しい楽器での参加も高ポイントです。 「ベスト・ドレッサー賞」なんかもありかも!? とにかく、場を盛り上げてくださるプレイヤー大歓迎です。 チキンなあなたも度胸一発ステージへどうぞ!

会費は1500円でワン・ドリンクと、フィドル倶楽部・管理人Tさんによるフードつきです。これだけでも充分にもとをとれる絶品です。途中参加や早退は自由ですが、一律1500円でお願いいたします。

またしても、遠方からの参加表明を頂いております。サイハテは、最近話題の富山のアノ人も来阪されます。ちょっと遠いから参加はちょっと…と躊躇いがちのアナタ! 彼に倣って、勢いでゴー!!



めっきり寒くなってきた今日この頃、西高東低の気圧配置など根底からブチのめす熱い夜を皆様とおくれればと思っております。今回はアイリッシュ初心者の方へのフォローもしていきたいと思いますので、皆様ふるってご参加くださいませ!!
posted by せばすちゃん at 22:31| Comment(20) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

世界遺産奇行

富山にて朝から深夜までアイリッシュ漬けの一日を過ごさせて頂いただけでも充分満腹だったのだが、今回のホスト・ZEN氏のホスピタビリティはその程度では収まらない。一夜が明けた翌日も観光に連れ出して下さるという。ZEN氏が挙げた候補地の名は「白川郷」

白川郷は岐阜県にある合掌造りの集落で、1995年には世界遺産にも指定されている。岐阜県にあるということは知っていたので、まさか今回行くことになるとは露にも思わず、まったくノーマークだったのだが、実は富山からは車で小一時間で行ける立地なのである。紅葉のシーズンで3連休。相当の混雑が予想される。本来なら人の多いところは嫌いな私だが、ちょっと思うところがあって是非にとお願いすることにした。



srk1.jpg

比較的早い時間に到着したせいもあり、ラッキーなことに人はそれほどは多くない。しかしまぁ、流石は世界遺産! 狭い山間ではあるが、実に素晴らしい景観が展開されている。さまざまに彩られた紅葉の木々に、情緒をたずさえ重厚に佇む合掌造りの家屋が絶妙なマッチングを見せる。なんだか有無を言わせず、「これぞ日本!」と思わせるような説得力を持っているような感じがするね。



srk2.jpg

日本昔話に出てきそうな家屋がゴロゴロ。中には重要文化財指定されている建築も。



srk3.jpg srk4.jpg
静かに深くなっていく秋の表情と、早い冬の訪れの気配を溶きあわせた空気が、この山間の小さな村をより印象的なものにしている。まさに今がベスト・シーズンだと言ってもいいだろう。他の季節に来たことはないが、きっと間違いない。大魔王認定。




srk5.jpg

白川郷を一望できる展望台にて。日頃のつまらないストレスなど軽やかに吹き飛ばしてくれる、実に素晴らしい景色だ。 野郎二人でなく、美女と一緒であれば最高のシチュエーションだが、まぁ贅沢は言うまい。 そして、この時点で私の疑念は確信へと変わる。



ZEN:「どうですか? ここで間違いないですか?」
せば:「…間違いない…。 ここは雛見沢だッ!!



このブログの読者の9割9分の方は何の事だかサッパリ解らないと思うが、雛見沢(ひなみざわ)というのはサウンド・ノベル「ひぐらしのく頃に」の舞台となる村の名前である。名前くらいは聞いたことがある人も多いと思うが、それもそのはず、この小説は個人製作の同人ソフトとして発売されたにも関わらず50万本を売上げ、小説・漫画・二次創作刊行物が総計550万部、家庭用ゲーム機にも移植されたばかりか、実写映画もされ、アニメいたってはアジア圏のみならず、北米・ヨーロッパでも展開されるという怪物コンテンツなのだ。

たまたま、一ヶ月ほど前にその面白さに初めて触れ、ハマり倒し、つい先日すべての話を読み終えたばかりだったのだ。そして、その舞台のモデルとなったのが「白川郷」だという話をどこかで聞きかじっていたのである。タイムリーなこと、このうえない。なんたる偶然か! その話が本当なら、そういう目で見てみたいとは思うが、記憶も曖昧だし、まさか行くことになるとは予想もしてなかったので、もちろんゼロ・リサーチである。その旨をZEN氏に話したところ、「それなら、なおさら確認しにいかねば!」とノリノリ。 どうして、私の周りはこんなのばっかなのか…ぼそっ。

そして、見つけたこの展望台からの景色は、作品ではタイトル画面にも使われているほどメジャーな光景で、私のうろ覚えの印象にも合致する。間違いないとは思うが、しかしまだ物証に欠ける。


ZEN:どうしましょうか。
せば:…神社だ。神社を探しましょう。



srk6.jpg

神社なら、きっとアレがあるはず。観光マップであたりをつけ、白川八幡宮へと向かう。境内へ足を踏み入れた瞬間、全身の毛が逆立つような感覚を覚える。 もう、これは間違いない。作品中では「古手神社」と呼ばれている建物そのものである。しょっちゅう背景で出てくるので、これは間違えようもない。そして何より…


srk7.jpg

予想通り、痛絵馬がいっぱい。 (うわ〜)



うむ、ウロ覚えではあったが、やはり白川郷だったか。それでなくても世界遺産に相応しい素晴らしい景観をもつ観光地なのに、あの小説のモデルとなった地を体感するというマニアックな楽しみ方も出来て、二重に楽しめた。いやもう満足至極である。しかし、これだけでは満足できない漢がいた。


ZEN:はい、それじゃ写真撮りますので、フィドル構えて下さい。
せば:いや、人も多いし、それは幾らなんでもムチャってもので…
ZEN:ここまで来てやらないワケにはいかんでしょう…漢として!


最近、色んなところで「ブログ読んでます!」と言って頂ける機会が増えたのだが、それに比例して、こういう言い回しでご無体な要求をされることも増えてきている。物事はすべて一長一短があるものだ。そして、そう言われると強く言い返せない私はマイケル・J・フォックス並かもしれん。別に変わった場所に来るとフィドル弾かなきゃイカンというワケではないんだがなぁ。 ちなみに、フィドルは車の中に置いてきたのだが、途中でZEN氏に怒られて取りに帰らされている。


srk9.jpg

というわけで、雛見沢を見下ろす丘の上で一枚。

 
srka.jpg

そして「オヤシロさまの祟り」の総本山、古手神社の前で一枚。なんつ〜、罰当たりな…。


 

そういえば先日から、立ち止まった時に自分の足音がひとつ余分に聴こえる気がするのだが…。
気のせいだと思うことにしよう。
posted by せばすちゃん at 01:02| Comment(9) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

富山アイリッシュ紀行

tym10.jpg

tym11.jpg

連休の真っ只中、私は大阪駅にいた。滑るようにホームへと進入してくるのは「特急・サンダーバード」。最高速度160kmで大阪〜北陸間を結ぶスーパー・エクスプレスである。慢性的に乗車率が高いというこの列車で、そのうえ連休ド真ん中。どうにかシートを確保し、私は富山へと向かうことになった。 …彼らとの再会を果たすために。



allnite4.jpg

彼らとはZENさん、いっつぁんさん。そう、あの怒涛のオールナイト・セッション(参照)の際に、わざわざ富山から駆けつけて頂いた、ちょっぴりやり過ぎなアイリッシュ・フリークのお二方である。オールナイトの際に、「いずれ富山で」と固く約束をしたものの、どうにもタイミングがあわず、今まで不義理をしていたのだ。しかし、今回は色々と幸運も重なり、ようやく富山逝きを果たす運びとなったのである。


tym12.jpg

実はこの連休中にZENさん、いっつあぁんさんが地元の町内会主催の催しで演奏を披露されることになっていたので、それに飛び入り参加させて貰う段取りとなったのである。町内会の芸能イベントなので、音楽的にはまったく統一感はない。写真は雅楽の演奏なのだが、こういう垣根の無いイベントというのも面白いね。


tym13.jpg

いっつぁんさんは、なんと中国の撥弦楽器「二胡(にこ)」で出演。女子十二楽団で一気に有名になった楽器だが、ユニークで味のある音色が特徴だ。しかし、本業は笛吹きのハズなのに、こんな楽器までやられるとは…。流石は「女神」と呼ばれるだけのことはある。 …自称という噂もあるけど。


tym14.jpg

そしてZENさんはオールナイトの時にも持参されたカザフスタンの楽器「ドンブラ」で出演。カザフ人師匠に師事されたZENさんの腕前がまた素晴らしく、2弦しかない楽器なのに、音楽に厚みを感じさせる。しかも「曲弾き」と言って、演奏中に楽器を回したりと、魅せる要素も満載! 事前に聞いておらず、決定的な瞬間の写真は撮れなかったが、度肝を抜かれた。う〜む、フィドルでもやってみたい…練習してみよっかな。 もちろん言うまでもないことだが、「フツーに練習しろ」という正論は却下だ。


tym15.jpg

お二人のソロが終わったところで、ステージに乱入。会場に向かって紹介される。「今日は東京と大阪から、二人も助っ人が来てくれました!」 東京?…二人?? 当たり前のような顔をして私の隣に立つのは、当ブログでもお馴染みのモハー氏である。 「貴様、何故こんなところにいる!?」といちいち聞くのも馬鹿らしくなるくらい、日本全国どこにでも現れる男である。彼の行動半径はKC135を随伴したF-15に匹敵する。そう、ヤツは「何処にでもいる」と思ってる位で丁度いい。 (ムチャクチャ言うな)

実は彼はこちらのアイリッシュ・パブでのハロウィン・イベントに参加すべく、二日前から富山入りしていたのだ。今回の富山行の決定打となったのも、「モハー氏も来てるので、せばさんも是非!」という要素が大きかったのである。しかしまぁ、彼と遊ぶのも数ヶ月ぶりなのだが、まさか富山で再会となるとは…。昨年には彼と二人で九州への旅もしてるし(参照)、その事実だけをを聞くと、とっても香しい怪しい香りがするのがイヤだな。

演奏曲目はホーンパイプ・エア・ポルカを組み合わせて、2セット・6曲。ざっと打ち合わせて数回通しただけでのブッツケ本番だったが、メジャーどころで弾きなれている曲ばかりだったので、まぁどうにかこうにか終了。人前で弾くのは凄い久しぶりなので、ガクブルものである。やはり、なかなか慣れるもんじゃないね…。



tym16.jpg

ステージが終了した後は、近所の「海王丸パーク」へ。ここには、「海の貴婦人」と称される練習帆船「海王丸」が公開展示されている。おおお、実はもう30年ほど前になるのだが、幼い頃に海王丸には乗船経験がある。今は富山にあったのか! 全く予期していなかったぶん、実に嬉しいね。しかし、お二方は「せばさんなら帆船の前でフィドル写真を撮りたがるだろう」という溢れんばかりのホスピタビリティでこの場へと連れてきてくれたのだが、ワタシ別に船の前(上)でフィドル弾くのが本職じゃないですから。 なんだか、それが当たり前の芸風だと思ってもらっては困るね、マッタク。 まぁ予期されたように、大喜びで写真撮りまくりの弾きまくりだったことは否定しないが、それは結果論というものだ、うんうん。

こんな立派な展示があるのに、連休中にも関わらず公園はガラガラ。人気がないのをいいことに、海王丸をバックにプチ・セッション。夜に備えて弾き倒す。いや〜、実に気持ちイイ。地元にこの公園があったら、間違いなく私の屋外練習場と化すだろう。いいなぁ…。




tym17.jpg

そして、富山の激ウマ海産物で腹を満たした後は、お待ちかねの地元アイリッシュ・パブへ! その店の名は「POT STILL」 近辺で唯一のアイリッシュ・パブで、お二方を中心にアイリッシュ好きが集まって、時々セッションを行っているとのこと。


tym18.jpg

店内はかなりゆとりのあるスペースで、いい雰囲気のパブである。ダーツやビリヤードも完備。2日前にハロウィン・イベントがあったにも関わらず、物好きな熱心なプレイヤー達が参集。「ブログ読んでます」と言ってくれる方が多いのが非常にコソバユイ。勿論とても嬉しいのだが、「もっとタメになるもの読んだほうがいいデスよ」と思わなくもない。つか、本当にいい加減なことばっかり書いててスイマセン。



tym19.jpg

お店のマスターもバウロンで出て来られ、一緒に遊んでいただいた。なんだかんだとやっているうちに、気がつけば1時過ぎ。楽しい時間はあっというまに過ぎるということを、またも実感する。最後は三銃士ばりのキメで記念撮影。…ホントに誰がこんなおバカな写真を言い出すんだろうね、マッタク。 ぐ〜。


まだまだ書き足りないくらい充実した富山遠征だったが、キリがないのでとりあえず終了。ZENさん、いっつぁんさん、本当に有難うございました! 驚愕に値するブッチギリのホスピタビリティと、有り得ないほどの歓待ぶりに感謝の言葉もありません。お世話になりました! そして、一緒に遊んでくださった皆さん、本当に有難うございました! 富山アイリッシュの発展を心から応援しております。是非また遊びに行かせて頂きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
posted by せばすちゃん at 00:38| Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ・セッション・練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

孔明、恐るべし

リールをリールらしく弾くために、パルスを考えるということを前回のレッスンで教わり、現在はそれを踏まえ、かなり跳ね気味に弾く練習をしている。

shuffle.jpg

「跳ねる」というのがピンとこない人に説明すると、8分音符がふたつある場合は、前を長く、後ろを短く弾くのである。例えば上記のように前を4分の3連符、後ろを8分の3連符の長さで弾くと、「跳ねたリズム」となる。いわゆる「シャッフル」と言われるリズムだ。この前後の長さのバランスを変えると、色々なリズム感を生むことが出来る。前を付点8分、後ろを16分くらいのバランスで弾くと、かなり跳ねていることになる。このバランス感覚がセンスの見せどころ。かつてのヒット曲「Rosanna」なんかは、独特の跳ね具合から、「TOTOシャッフル」などと言われたものである。(参考音源) ネタふるっ。


ところが、リールでこんなに3連符バリバリっぽいリズムで弾いてしまうと、滅茶苦茶ダサくなってしまうのである。ここが難しいところで、「よく聴けば跳ねているが、そんなに極端には跳ねていない」という絶妙のノリが必要とされるのである。しかし、良識あるフツーの人間はそんな簡単に跳ね具合を変えたり出来はしない。3連符に近い極端な跳ね具合で練習はしたのものの、「ダサいこと、ここに極まれり」と言った風体だ。練習の成果を師匠に披露しつつ、その悩みを告げる。


せば:こんな極端なノリで練習はしてみましたが、微妙な跳ね具合が出せないんです…。
師匠:ははは、難しいですよね。
せば:人が悩んでるのに…相変わらず爽やかだな、コノヤロウ。 (注:心の声)
師匠:それじゃ、今度はノリは考えずに普通に弾いてみましょうか。
せば:…ほえ?


せっかく跳ねる感覚を掴むために練習してきたのに、普通に弾けだと!? この一週間の私の努力は何だったのか!? それなら最初っから普通に弾かせておけばいいではないか! 今更そんなこと言われたって…あれ?? なんかいいノリ出てない?


師匠:でしょう♪ そういう練習したあとに普通に弾こうと思っても、微妙な跳ね具合が残るんですよ。


な、なんだと…? ということは、私のリズム感や補正能力まで見越し、計算したうえで、最終的に微妙な跳ね具合となるように、あんな極端なリズムで練習させていたというのか!? それはもはや、人智を超えている。くっ…孔明だ。 平成の孔明は駅前第3ビルにいた。 見事に掌の上で転がされてるよなぁ。司馬懿の気持ちを、ちょっぴり理解。


師匠:それじゃ、次は口でリズムを口ずさみにながら、ノリを作っていきましょうか。



んなマネできるか〜!! そしてまた絶叫の日々は続く。
posted by せばすちゃん at 15:15| Comment(5) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。